2015年4月17日金曜日

アベノミクスと所得格差

こんな記事があった。

ほとんど、結論ありきで記事を書こうとするから、こんな感じになるのかな?

要するに、都心に住んでいる人は、2013年度の課税所得は不動産所得や株式売却益が増加したので、大きく増えて、一人当たり所得が多くなった。

地方に住んでいる人は、そういった資産価格上昇の恩恵を受けていないので、課税所得の伸びが小さかった。

したがって、都心と地方に住む人の所得格差が広がった。これはアベノミクスの副作用だ、
といった内容だ。

都心として東京都中央区を取り上げている。所得が一番低い地域として、熊本県球磨村を挙げている。

中央区に住む人には会社経営者、医者、弁護士などが多いと思う。サラリーマンでも所得水準が高くなければ、家賃をはじめとした住居費が賄えないだろう。

球磨村に住む人は・・・。HPで見る限りのどかで古き良き日本といった感じがしました。


球磨村の棚田だそうです。美しいですね。

仮に、所得格差の原因が不動産所得や株式売買益であるとすれば、どこに住むかは関係ないはずです(地方に住んでいても、海外に住んでいても、都心の不動産売買はできるし、ネットがあれば、株式売買はいつでもできる。あのウォーレン・バフェットはアメリカの田舎であるネブラスカ州に住んでいる。確か日本の不動産王は福井県に住んでいる、とかテレビで見たことがあったなあ。)。

住む場所で所得格差が決まってしまう(従来以上に格差が広がる)というより、各人の関心やリテラシーで格差が出てしまうはずなので、ミスリードを招く記事だと思います。

健康においても、関心が高く、日ごろから取り組んでいる人は、年齢がいくつになってもものすごく健康的な方がたくさんいらっしゃいます。一方で、健康管理の悪い人は、若くしていろんな生活習慣病にかかってしまいます(もちろん健康管理だけの問題でもありません。生まれつき遺伝子が異常だったりして、若くして難病を患ってしまう方もいらっしゃいますが、ここでは一般論を指しています)。

ITリテラシーでも、私はどちらかと言えば、ダメなほうですが、よく学んでいる人はアフィリエイトで食っている人もいますし、全くダメな人はたぶんワードもエクセルもうまく使えないでしょう。

株式投資や不動産投資においても、まじめに取り組んでいる人はもうかっているはずですし、やっていない人や中途半端な人は、恩恵に授かっていないでしょう。

北海道猿払村はホタテ漁が好調だったので、所得水準が上がった、と記載されていますので、地方だから駄目だ、とも言いきれないはずです(記事では例外扱いされていますが、ニッチな市場でうまく運営すれば、高所得が稼げるよい例だったと思います。こういった例をもっと取り上げたほうが建設的だと思いますが)。

アベノミクスで地方に住む人が、都会の人より損している、という内容は、そういった結論を最初から言いたいがために、その結論に合いそうな例が出たときに、恣意的に書いている、としか思えません。


ジャーナリズムなら、もっと本質的な内容を書いてほしいと思います。これじゃ、ただの煽り屋と同じで、タブロイド紙並の内容と言えましょう。


応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 


2015年4月10日金曜日

シェイク・シャックは旨かった


寒の戻りで寒くなりましたね。今回もニューヨーク旅行の続きです。お付き合いください。

話題沸騰中のシェイク・シャック。私はJALパックのフリーツアーで行きました。空港からホテルまではワゴン車で送り迎えしてくれます。また、現地でもアットニューヨークという日本人が経営する旅行会社の簡単なツアーにも参加しました。

この運転手(日本人)や同乗者の日本人観光客のすべてでシェイク・シャックが話題となり、皆さん、シャックバーガーを食べていたようです。

そして、私も、私の家族も同乗者さん、運転手さんもみな、「シャックバーガーはイケる。うまい」という答えに行きつきました。

私はマクドナルドの株主で、最近の業績低調な場面でも、売らずにホールドしていますが、正直、シェイク・シャックの株も買おうか考え中です。ただYahoo! Finance予想PER560となっているので、しっかりアニュアルレポートを読むことから開始することにしましたが。

配当投資家の私が新進気鋭のシェイク・シャックへの投資を真剣に考えたその理由は、一言、「シャックバーガーがうまかったから」。それだけです。

なんというか、ステーキの肉をミンチ化したようなハンバーグの味で、一口食っただけで、何かが違ったような気になりました。

別にマクドナルドがまずいという事ではありませんが、店が並んでいて、お金に少し余裕があったりすれば、迷わずシェイク・シャックを選んでしまうでしょう。
味にうるさい日本人でもウケそうなバーガーの味でした。

私たちが行ったのは、ロウア―・マンハッタンのグラウンドゼロの近くにあるシェイク・シャックのお店でした(記事はじめにある写真。Battery Park City店)。本家はマジソンスクエアガーデンの近くなんですけどね。

自由の女神を見て、バッテリーパークからここまで歩いてきたので、少しお腹が減っていたので、余計においしく感じたかもしれませんが。

現地の日本人ガイドさんの話では(食べた後に聞いたので遅かったが)、バーガーをダブルで食べる(マックのダブルバーガーのような感じ)とさらにおいしいという話と、シェイクが旨い(たぶんマックシェイクのような感じ)という話でした。

ダブルバーガーは中年女性の観光客の方でも、ペロッと食べられるそうで、お勧めではないかと。
また、ポテトは上にチーズをかけるタイプのものがあるそうですが、下の写真の様に何もつけないのがおいしいとか。

やはり、素材や調理方法にこだわった付加価値感が、これまでのマスマーケティング路線と一味違った最近の若い世代に受けているようです。
こだわりフードと言えば、日本のオハコのようなところがあるので、日本でどこまで受けるのか、楽しみでもあります。


私たちが頼んだのは、上記のシャックバーガー、フライドポテトとコーラでした。セットメニューはないそうです。店内は大変込み合っていたことと、あまりメニューを研究していなかったので、皆同じメニューになってしまいました(当然注文を取るのは私の仕事でした)。
値段は、シャックバーガーが$5.19、ポテトが$2.95でした。かなり割高な価格ですが、食べる価値は十二分にあります。


これから行かれる方、ご参考。
日本でデビューしたら、ぜひ一度お召し上がりください。お勧めします。値段だけの価値はあると思います。費用対効果にうるさい私でも、納得しました。

さて、マクドナルドとの対決ですが、シェイク・シャックは単価が非常に高いので(バーガー一つで600円。1ドル100円でも500円)、中流から上のクラスでは、シェイク・シャックを食べたくなるかもしれませんが、中下位層では、そこまで余裕がないと思います。

アメリカのニュースでは「プレミアムバーガー」という新たなカテゴリーができたようです(ビールかよって)。

ある程度棲み分けがされるのではないでしょうか?
また店舗を出す立地も制限されそうです。ただ、日本では、東洋経済のインタビューでは東京オリンピックまでに10店舗が目標とCEOは語っていますが、東京・横浜だけで10店舗は出せそうな気はします。



楽しみな存在です。
マクドナルドもこれに刺激を受けて、さらによくなってくれると、なおいい。

(サーロインの肉を使ったバーガーを出す、というニュースを見ました。ただ同じ土俵で勝負しても勝てそうにないような気もしましたが)

応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  

2015年4月4日土曜日

ニューヨークに行ってきました



325日から31日まで、ニューヨーク(NY)に家族で旅行しました。途中、丸1日だけワシントンDCにも行き、ホワイトハウス等を見て回りました。
何回かブログで記事を書くかもしれませんが、お付き合いください。

NYへは、1990年の学生時代に1度だけ行ったことがあります。マイケル・ダグラスとチャーリー・シーンの「ウォール・ストリート」という映画がその2年ほど前に公開されていました。
行った当時は、ショーン・コネリー、ダスティン・ホフマン&トム・ハンクス(髪の毛がまだあった若手俳優の時代)の「ファミリー・ビジネス」という映画が流行っていました。
治安がずっと悪かったですね。

さて、なぜこの時期に、かつ、NYに行ったのか、と言えば、

  1. アベノミクス相場での利益の家族還元、特に子供たちに一度海外を見せてあげたかった
  2. 子供が今春、中3と中1になるので、タイミング的にちょうどではないか
  3. 仕事でまとまった休みが取れた



といったところです。ではなぜNYかと言えば
  1. 上昇相場のお礼参りにチャージング・ブルを拝みに
  2. 子供にどうせ海外を体験してもらうのなら、最もそれにふさわしい世界の中心地を見せるべきかと思った
  3. NYは最もCompetitiveな街で刺激的で、何か子供は得てくれるのではないか、と期待した
  4. ワシントンDCとセットで回れば、世界の政治・経済の中心地を体感できる

といった感じでしょうか。私はリーマンショック直後でも、世界の中心は当面アメリカであり続けると信じていたので、子供にアメリカ、かつNYを見せることに特にためらいはなかった。

本当は時間がもっとあれば、サンフランシスコ(シリコンバレー)も見て回って、金融とテクノロジーの世界の中心地を体感したかったですね。

さて、子供たちの感想は
  1. 寒かった(最高気温が4から5度ぐらいの日ばっかりで真冬並み)
  2. 汚かった(NYの地下鉄や道路事情は東京などと比べると、やっぱり落ちます)
  3. 食事が(ファーストフード系のレストランばっかりで飽きた)
  4. 摩天楼がすごい
  5. ワシントンDCはきれいな街並み(やっと前向きなコメントが)
  6. 時差ボケがひどい(帰国後も昼夜逆転しています)

 といった感じでした。ちょっと早かったのかな。しかし、これからテレビや学校でアメリカの話題が出ると、かなり高い確率で、行ったことがある場所が出てくるはずなので、その時に考えることがあるでしょう。

また、今回の旅行が子供の将来にとって何らかの刺激になってくれると、教育投資としては大成功だといえると期待しています。

回ったところは
  • セントラルパーク/ダコタハウス(ジョン・レノン&オノ・ヨーコの住んでいたところ.。ヨーコは今でも住んでいるらしい
  • 国連本部(日本語ガイド付き)
  • メトロポリタン美術館
  • チェルシーマーケット
  • ウォール・ストリート
  • ブルックリン(マンハッタンの夜景がすごくきれいだった)
  • 自由の女神
  • グラウンドゼロ
  • ワシントンスクエア
  • エンパイヤステートビル
  • タイムズスクエア/ブロードウエイ(マンマミーアを見た)
  • ロックフェラーセンター
  • ホワイトハウス
  • リンカーン記念センター
  • アーリントン墓地(JFケネディの墓の隣に、死後再婚したジャクリーンの墓があってびっくり)

です。さすがに現地で4泊程度でしたので、ちょっと欲張りすぎましたかね。それでも物足りなさが残ってしまいました。

自由の女神のフェリー、国連本部のツアー、マンマミーアのミュージカルなどは日本で事前予約していきました。ネット社会で便利ですね。26年前はすべて行き当たりばったりでしたが。

おなじみ、ニューヨーク証券取引所。子供に、「この建物が旅行代金を払ってくれたんだよ」と言ったら、「へえ~」と分かったような、わかっていないような返事でした(そりゃ当然でしょうか)。


こちらはNASDAQ26日の午後4時ごろで引け後だったと思う。
NASDAQはタイムズスクエアのど真ん中に立っていて、日本でいえば、渋谷駅か新宿駅の目の前にあるような感じでしょうかね。

今回の旅行での私の個人的なテーマとしては、
  1. マクドナルドVSシェイク・シャック
  2. タコ・ベルVSチポトレ・メキシカン・グリル
  3. サブウェイVSパネラブレッド

の新旧QSRの食べ比べ

というQSRQuick Service Restaurant)の比較をやってきました(したがって食費はものすごく安上がりの旅だった)。

シェイク・シャックのIPOや、同社の日本進出をあのアフタヌーンティの会社(スターバックスの日本上陸をサポートしましたね)が支援するなど話題があり、ジムクレイマーの「ローリスク株式必勝講座」で話題になったレストランなど、個人的に興味津々だったので。

これも後程レポートしたいと思います。

株式ブログなので、株に関連のある写真だけ掲載させていただきました。

株の利益の一部(4人分の旅費は現地滞在費を含めても、1年間の配当金程度)を自分の株主??ともいえる家族に還元したつもりでした(単なる「自分へのご褒美」という説もありますが)。

応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 

2015年4月1日水曜日

3月の投資状況



予想通りと言いますか、ドル高と金利先高感で持ち株のパフォーマンスはイマイチです。この状況がもう2年以上継続しています。
こうなったらさっさと利上げしてほしいような気もしますね。

主要銘柄の配当利回り
フィリップモリス 5.2
シェブロン    4.1
マクドナルド   3.5
HSBC       5.7
AT&T       5.7
となっています。米国債10年物1.93%との差がすごいですね。

今月の売買
売り なし
買い オリックス(8591:新規) 金融関連銘柄強化というのは大義名分で、株主優待目当てで最低限単位をゲット。さすがに5000円分の商品は魅力でした。ふるさと納税を考えていたので、ちょうどよかった。


今月の増配
HSBCの第4四半期配当が少し上がっていたのを見落としていたらしい。

4月は増配ラッシュ月だと思います。米国企業は株主総会が終わると、増配決議をする傾向があります。
日本では、3月決算企業の締めが終わって、利益処分案の提案が行われるのに合わせて増配を提案してきますね。
したがって、ドル円に波乱がなければ、4月は確実に配当が300を超えると思います。


Sell In Mayが今年はあるのかわかりませんが、今は玉を込めているところです。

応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ   

2015年3月22日日曜日

日本の株式市場、時価総額が過去最高に迫る

日経平均はバブル絶頂時(198912月)の38,915円に遠く及ばないものの、2万円が見えてきました。

しかし、株式時価総額はその当時に近づきつつあります。



198912月に東証の時価総額は611.2兆円でした。2015320日現在では約590兆円です。あと3.5%増えるだけで追いつきます。
日経平均が約39,000円と19,500円で、時価総額が同じって、なんかよくわかりませんね。

2007年のリーマンショック前は570兆円だったので、リーマン前は更新したようです。
1989年当時のようなPERでもないので、バブルではなさそうな気はします。
それにしても、このジグザグ推移は、大変ですね。ドルコスト平均投資が威力を発揮するのでしょうか?

ちょっと試しに、1989年、2007年そして2015年とどのような銘柄が時価総額の上位にいたのかを調べてみました。


バブル時代に時価総額が上位だったのは軒並み銀行でした。ちなみに、1989年のランキングの下欄に、現在の銀行グループ名と1989年当時の時価総額を記載してみました。
みずほには興銀、富士・一勧に加え安田信託が、三菱UFJは三菱信託と東洋信託がそれぞれ加算されています。
みずほFGは約34兆円だったのが、たったの?5.5兆円に!!2割以下になってしまいました。
三井住友G37%程度に、三菱UFJ38%に縮んでしまいました。
この人たちが、バブル後日本株式相場の「A級戦犯」でしょうか。私が大卒直後に入った銀行も、立派に「A級戦犯」です(笑)。
合併するとシナジーが出るとか言ってるやつ、嘘ばっかり。

NTTについては、ドコモとNTTを足すと18兆円となり、バブル当時とそれほど大きな差がないといえるかもしれません(ホンマかいな)。

あと気づいたこと。
上位20社が時価総額の合計に占める割合は、一貫して変わらない。上位20社で時価総額の約4分の1を占める。

グローバル化の流れでしょうか? 時がたつにつれ、時価総額上位企業にカタカナや英語表記の会社が目立つ(もっとも、NTTは本来日本電信電話だし、JTは日本たばこ産業なのですが)。
2015年では、日産自動車と武田薬品工業、そしてホンダ(本田技研工業)以外は、カタカナや英文字が入りますね。
ソフトバンクはTOP5に入りましたね。すごいですね。ファーストリテーリングやキーエンスもトップ20に入りますね。

今回、エネルギー・資源価格の暴落で総合商社は1社も入りませんでしたね。1989年当時も入っていませんね。

電力会社は見るも無残な結果に。仕方ないですね。

2015年は自動車会社3社、通信キャリア4社(NTTを含めれば)、製薬会社2社、機械系3社(ファナック、キヤノン、キーエンス)、小売2社(セブン、ファストリ)、そして銀行3社と分散化傾向にあります。キャリア・医薬品・小売りとどちらかと言えばディフェンシブな銘柄なので、相場のボラティリティ軟化が期待されますね(と言いつつ、ソフトバンク辺りは日経平均寄与度が高く、ボラも高いのですけど)。

さて、今週は時価総額新記録が達成されるのでしょうか?(ニューヨークを見ているとちょっときつそうな気がするが)
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ


2015年3月18日水曜日

米国企業のキャッシュ創出力と日米株式投資

たまたま覗いた大和証券のレポート。米国企業のキャッシュ残高がすごい。従来はドル安だから比較的多めに出ているのだろう、とタカをくくっていたが、最近の推移もものすごい。

バランスシートに占めるキャッシュ比率は何と15%とのこと。ITバブルのころから残高で7から8倍に膨れ上がっている。上記キャッシュとは、日本のBSで言えば、「現金及び預金(現金同等物)」。

リーマンショックのあった2009年から2010年にかけてグンと上がり、14年に入ってさらに上がっている。リーマンショックで逆に増えた、というのがすごい(その分従業員のクビが飛んだのですね)。

(注:この数値に、いわゆる短期有価証券が入っているのかは不明。米国企業のBSにはCash and Cash Equivalentsという科目とMarket SecuritiesShort Term Investmentsという科目が別建てである。後者がもし抜けていれば、さらに実質的な現預金残高は膨れ上がるのではないか?)

アップル、グーグル、JNJ、アムジュン、シスコ、コカ・コーラ、マイクロソフト、バークシャー・ハザウェイなどキャッシュリッチ企業が澤山ある米国市場をよく表しているような気がする。

既に強固な競争基盤を築き上げてしまったことと、投資家からムダ金を使うな(要するにリターンの低い投資をするなということ)というプレッシャーも強い。

また、海外で稼いだキャッシュは本国に送金すると、本国でも課税されてしまうので、海外現地法人のキャッシュを送金したがらないという税法的な問題がある。

日本の場合、海外現地法人からの配当は国内の本社で益金不算入になる割合が高い(要するに国内で2重課税されにくい)ので、日本本国に送金させるインセンティブが働く(それでも日本企業もキャッシュを貯めこんでいると批判されている)。

アメリカの場合、海外現地法人の配当を米国本国に還元すると、また米国本国で課税されてしまう(だから借金で配当や自社株買いをするインセンティブが働く)。

シスコやJNJなどでも、いつもテレカンでバランスシートの現預金残高のうち、7~8割は海外にある、というようなことをCFOは語っている(この時の会話では、Short Term InvestmentsCashに含まれている前提となっている)。

海外にあるので、本国還元しにくいという点と、リターンが乏しい投資案件には手を出せない、となるとキャッシュを何に使うのですか? という話になる。株主還元ですね。


S&P500企業の配当は右肩上がり、自社株買いもリーマンショックの直前に迫る勢いです。
特に自社株買いは金融業界では、いまだ自己資本規制云々で本腰が入っていないので、JPモルガンやゴールドマンサックス等がその気になれば、サクッとリーマン前を更新すると思います。

配当のほうは、グローバル大企業の連続増配が続く限り、右肩上がり傾向が続くと思います。

さて、隣の家の芝生は益々青くなっていくので、自分の家(日本株)も、放っておくと投資家がそっちに逃げてしまいます。私のように明らかに(全体感では)アメリカ株のほうが投資はやさしい、と思っている層が増えているように思いますので、日本企業もこれに追随せざるを得ないと思います。

したがって、社外取締役がどうだとか、無意味な議論をしているより、放っておくと日本の投資家が海外に流れてしまう、という危機意識でガバナンスを改善してもらった方が、近道ではないかと思います。

既に、日本企業でも業績が比較的安定的に成長できそうな企業では増配は非常に重要なテーマになりつつありますね。
そうなれば、他の日本企業も無視できなくなるでしょう。

個人投資家を増やしたいという日本企業は会社説明会で、必ず株主還元の質問を受けているように思います(当然ですね)。意識せざるを得ないでしょう。

結局はガイアツ頼みですかね。個人投資家としては、結果オーライです。
応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ