2019年11月19日火曜日

転職がうまくいくためには







転職というのは、今も昔もどちらかといえばネガティブな印象で語られています。

私自身は4回転職(大卒後5社目)しました。

初めて転職したのは2000年なのでもう19年前。その以前から転職をかなり長いこと考えていました。

その当時(90年代後半)も、「キャリアアップ」と言う名の転職ポジティブ派と、生涯給与とかから見たネガティブ派(当時は退職金は確定給付が一般的)がいました。

結論から言えば、転職して後悔はありません。しても仕方ないし、5社目ともなればそもそも「どの企業に留まったら良かったのか?」など比較対象も複雑になってしまいます。

2019年11月17日日曜日

50代の夫婦関係 子育ての最終コーナー、老後へのエントリー???







私は31歳の時に結婚し、今年で結婚生活22年目に突入しました。

これまでもいろいろありましたが、今後ともいろいろあるでしょうね(笑)。

夫婦関係は特にここ数年は、亭主関白ではないかと勝手に思っています。

2019年11月14日木曜日

資産管理法人の消費税の還付








太陽光発電などをやっている人なら、皆さんやっていると思います。
私は今回はじめてでした。

以下は税務に係る話ですので、専門的なことは税理士などにご質問ください。

2019年11月10日日曜日

10月の副業所得





入金ベースの管理ですので、10月の所得は9月に発生したものです。10月は台風でさらにイマイチな実績です。トホホ。

2019年11月7日木曜日

普通の水曜日 朝のランニング・デー 「習慣化」を体感する






毎週水曜日はこんな感じです。典型的な水曜日。昨日もこんな感じ。

5:00 起床
5:30 体温、血圧、体重を測定後ストレッチ
6:20 ジョギング、ストレッチ等(約6.5キロ。今日はキロ5分20秒平均をビルドアップで。ラスト1キロは4分45秒のペース)
この季節は晴れると、5時半~6時頃に日の出を見ながらランニングが出来ます。
気持ちいいですよ!

7:00 朝ごはん
7:30 駅前のマクドナルドで楽天ポイントを使って、コーヒーを飲みながら読書
8:00 通勤
8:30 出勤 色々仕事
11:30 ランチ
20:30 退社 (色々雑務があった)
21:30 帰宅(だいたい50分程度の通勤時間だと思う)
22:30 夕ご飯 (腹八分目が難しい。少し食べすぎてしまうことが多い)
23:00 少し休憩(貴重な「夫婦の会話」や子供との会話時間、あるいはメールチェック)
24:00 風呂 (湯船には20分~30分浸かって、副交感神経を味わう。よく寝てしまう)
24:30 ストレッチ(ストレッチしながらYouTubeを見ることが多い)
25:00 就寝

ジョギングする日は、水曜・土曜・日曜が基本で、水曜が仕事前にジョグするので、朝は慌ただしく過ごしてしまいます。

睡眠時間が足りません(と言っても木曜日は5:45頃起床します。10分程度の仮眠は結構取っています。)。

しかし、朝一番で有酸素運動をするので、体液がリフレシュされるのか、一日中結構冴えています(木曜に疲れが出るのですけどね、、、)。

ジョギングのない日は筋トレを30分程度やっています。

慣れないと、運動習慣がないと、「なんでそんなキツイことするの?」と思われます(私も以前は思っていた)が、やってみると心身にポジティブな反応があって、今では「習慣化」しています。

来年度は週2回に増やそうかと検討しています。

メンタルにポジティブで、健康数値にポジティブで、肉体を鍛えて損することはない。それを実感しています。

「適度な運動」は身につけたい習慣ですね。

応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
スポンサーリンク








2019年11月5日火曜日

10月の配当状況





今月も動きはありません。



10月の売買

なし

10月の増配
アッビイ +10.5% でした。

多少円安に振れておりますが、売却株も影響しており、YTDでは前年とほぼ同額の受取配当予定額となっています。

配当株を少し売却しても、配当総額が変わらないって、よかった。

今は配当を増やすより、太陽光などの実物資産からのインカムの増加に注力しています。


応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
スポンサーリンク










2019年11月4日月曜日

10月の投資状況






3連休中は色々あって、実家に帰省していました。

早いもので、ちょっと山になると、色づき始めている木々もあり、ちょっと前まで「熱中症に注意」なんて言っていたのがウソのようですね。

投資の方も今年の締めくくりを目指して、ラリーが始まったのかな?ちょっと早いなあ。


2019年10月31日木曜日

「寄り添う」って、何なんや? 男性脳と女性脳が問題か? ロジカル・シンキングの弊害か?





最近よく聞く単語に「寄り添う」というのがあります。

政治家や天皇陛下までが発していましたね。マスコミでは連発。

調べると
寄り添う:相手の気持を理解する
「寄り添う」とは?意味や使い方をご紹介
(コトバの意味辞典というサイトから)

相手の立場に立って、その気持を理解する、ということのようです。

確かに、立場の弱い人の気持ちを理解してあげることは大事だと思います。

ただ、男性脳の私は、「寄り添って、そんで、どうするの?」となってしまうのです。

So What?モードになってしまう。すぐにSolutionを求めてしまうのです
スポンサーリンク


これが女性脳だと、「とりあえず(少なくとも現時点では)聞いてもらえればそれでいい」「この気持を分かち合いたい」ということになるのでしょうか?

「寄り添った」結果、政治家は予算を割いて、復興資金を捻出したり、ボランティア活動を支援することが出来、我々一般人もボランティア支援が出来るのでしょうか。

私はふるさと納税で被災地に、少しばかり寄付をいたしました。

30代の頃に、MBA関連書籍を読み漁って、So What? とか、How?などのロジック・ツリーで石頭にしてしまった弊害のような思考回路です。

若い人へのアドバイスは、ロジカル・シンキングはほどほどに。仕事には有効ですが、オフィスを一歩出ると、女性にモテなくなるかも?

応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
スポンサーリンク









2019年10月30日水曜日

高2娘の反抗期と大学1年の息子の相談役



久々に子供の状況です。

まずは悩みのタネの娘のこと。

中学2年頃からか、現在高校2年生の娘は私とまともに口を聞いてくれません。
こちらも話しかけてもそっけない返事しか帰ってこないので、話しかけづらくなってきます。

それでも何かと挨拶したり、話しかけるようにはしているんですけどね。

娘と話ができない父親って、寂しいですね。

だから彼女が中3のときにスキーについてきたときは嬉しかったんですが。


春スキーに行きました 2018年3月26日


生意気で目つきがムカついたので、一度文句を言ったんですが、それはかえって良くないそうな。
(そりゃ普段、ぶっきらぼうな態度しか取らないのに、お金が必要な話題だけ話しかけてくるんじゃ、こっちもムッとしますね。そこを我慢しないといけなかったんでしょうが)

じっと我慢して、反抗期が収まるのを待つしかないか。
スポンサーリンク





一方、大学1年の息子の方

大きな反抗期があったのかわからなく、兄弟正反対で、わかりやすいのですが、物足りなさもある。

大学生なので、卒業後のこともちらほら頭にあるので、社会人生活のことを時々聞いてきます(就職に大学差別があるのか、とか、どういう仕事内容なのかとか)。

現在の就職活動の具体的なプロセスはもうわかりませんが、なぜ人事部は学歴を見るか、とか、どういう学生を取りたがるか、などは会社側の立場がわかります。

また、車の免許をとったので、運転の練習に付き添ったりします。

比較的、普通に話が出来る関係です。これは以前とあまり変わりません。

こういう比較を見て、娘は「私にはかまってくれない」と思っているのかなあ。

投資リターンより、悩ましい問題です。

応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

スポンサーリンク








2019年10月26日土曜日

マラソンシーズン 現在の状況と今シーズンの予定







11月になると、いよいよマラソンシーズンの到来です。

今年3月、初めてフルマラソンにエントリーし、無事に完走できました。

(今年3月の記事です)
マラソン、完走しました。2019年第7回古河はなももマラソン

その後、レースには出ていませんが、引き続きランニングはやっています。

2019年10月22日火曜日

ワークアウトな日々  ジワジワと増える体重との格闘






<


日々節制、ワークアウトに励んでいるつもりですが、代謝が落ちているのか、ジワジワと体重が増加しています。

悲しいね。

2019年10月17日木曜日

最近のサラリーマンの雇用状況に関する雑感 バブル世代として一言







日本企業は業績が好調・不調に関わらず、ミドル世代(つまりバブル世代)のリストラを行う事例が増えています(例:富士通、キリンビール(ホールディングス)、武田薬品工業etc.…)。

一方、若い世代のサラリーマン(正規社員)が入社後数年で退職することも話題になっています。

こういう動きをみて、「終身雇用制の崩壊だ」と騒ぐ人達が多いようです。

個人的な感想は

2019年10月14日月曜日

9月の副業所得






毎度のことですが、入金ベースで管理していますので、下記金額は8月の発電状況です。9月は台風15号の影響で富津の発電所が4日ほど停電しています。

10月も大丈夫かなあ(不安)。想定外でしたね。

2019年10月12日土曜日

9月の配当状況






台風が来ています。家でじっとしているのが最善の避難場所なので、こもっています。

経済活動を停止せざるを得ないので、10月のGDP成長率などに影響を与えると思いますが、消費税増税の影響か台風の影響かわかりづらいですね。

2019年10月9日水曜日

筋トレブーム それは継続してやれば自ずと分かること







ここ数年、筋トレがブームになっているそうです。

かつては筋肉をつけるのを嫌がっていた女性にも、筋トレ女子とか筋トレを行う人が増えたそうです。

かくいう私も結果的にブームに乗ってしまったものです。

2019年10月7日月曜日

楽天証券セミナー 中国情勢の整理 米中貿易戦争と香港のデモに対する現状分析 加藤嘉一氏






毎度おなじみの楽天セミナーに行ってきました。メンツは相変わらず豪華で、いつもの竹中平蔵氏、堀古英司氏ほかでしたが、内容は後で書きますが、正月と大きく変わらなかったように思った。

今回、やっぱり気になっていた中国情勢。おなじみとなった加藤氏の講演のサマリー。

加藤氏は現在、香港大学准教授らしい。あの、香港で起こっている状況を生で体験しています。

大きく、米中貿易戦争と香港情勢が習近平体制にどのようなインパクトを与えているか、という観点でした。

2019年10月3日木曜日

9月の投資状況





10月に入ってしまいましたが、週末は何かと忙しく、ウイークデーで時間を作って書いています。

3ヵ月連続で総資産は下落したのかなあ。

たばこ株やm-REITなど、投資したい個別銘柄も出てきました。

しかし、配当が2000ドル貯まると、円転する、という円高対策?を実施中です。

明日の雇用統計がどうなるのかわかりませんが、弱い経済指標が目立ち始めました。

市場は、(リセッションの兆しが)「もう来るだろう」と身構えていますので、要注意ですね。

また、この時期はヘッジファンドや投信の決算で市場からカネが引き出されやすい

クリスマスラリーまではまだ1か月程度ありますね。

応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

スポンサーリンク








2019年9月29日日曜日

W杯ラグビーでふと思った、プロスポーツ選手の年収、競技による需要と供給?






体育会系の人がこの記事を読むと、お叱りを受けそうなので、読まないでください(笑)。

W杯ラグビー、大会前に「本気の」南アフリカに勝てなかったので、昨日のアイルランド戦はあまり期待していませんでしたが、やってくれましたねえ。

カメラ技術の発達か、ド迫力映像ですごかった。

ものすごい激しい肉弾スポーツで、ふと、この人たちの年収っていくらぐらいなのか? って思ってしまいました。

以下は、単純に投資目線?で、どうせやるなら、って観点で見てみました。

2019年9月26日木曜日

フィリップモリス・インターナショナルとアルトリア・グループの合併はなくなった






PMとMOの合併協議は打ち切られたようです。
米フィリップ・モリスとアルトリア合併断念、ジュールCEO退任 (ロイター)

2社の現状は
MOは、電子タバコJUUL社の株式を35%保有した金額が大きすぎる、同社出資後、健康問題や未成年への注意が不十分とか話題に、若い世代が電子タバコ等に流れ、従来の紙巻きタバコの需要が落ち込んでいるなど、ネガティブな話題が重なっており、株価は非常に低調です。

PMは、Risk Reduced Productである加熱式タバコのアイコスの世界展開を行っており、日本や韓国では成功を収め、徐々にその領域を西欧他に広げている途上。

2019年9月25日水曜日

債券バブル? ギリシア国債の利回りは何%? Now and Then






この前の四季報セミナーで講師が言っていましたので、実際調べてみました。

皆さん、覚えていますか? 最近の投資家は「PIGS」なんてコトバ、知らんでしょうなあ。

「GAFA」とかは前向きな四文字ですが、「PIGS」(あるいは「PIIGS」)は、不吉な(ネガティブな)メディア活字キーワードでした。

2019年9月23日月曜日

東洋経済新報社 「会社四季報セミナー2019年秋号」2019年秋のマーケット







久々に株式投資関連セミナーに参加しました。

今回は無料ではなく、有料(と言っても3,000円のリーズナブル価格)セミナー。

この「四季報セミナー」に参加するのは、実に9年ぶりです。

前回はこちら(旧ブログの記事です)
「会社四季報」正しい使い方セミナーを受講 2010/6/16

サッカーの南アフリカワールドカップが開催されていた時期でした。

当時の記憶で、受講料に四季報代が含まれているものと勘違いしたが、純粋に受講料のみで3,000円でした。

内容は人気株式評論家?の、当面の相場見通し解説と、四季報の活用方法についての2本立て。今回は前者の相場見通しについて少し紹介。

2019年9月19日木曜日

「GACKTの勝ち方」を読んで  矛盾した自分を発見






ご存知、GACKT様。彼が初めて書いたビジネス書とのことです。

ビジネス書とは言え、書き下したもので、すぐに読めてしまいます。

書いてあることがすべて本当なら(多分本当だと思うけど)、GACKTはすごい男です。

2019年9月16日月曜日

消費税はすでに上がっていた? オンワード樫山ファミリーセール





オンワード樫山のファミリーセールに行ってきました(本来はオンワード樫山の従業員向けのセールなんですが、実際は従業員から招待された取引先とかその家族とかも対象になっている。自分は取引先からもらった)。

2019年9月15日日曜日

太陽光発電 台風もショックだったけど、、、さらに





台風15号は千葉県房総半島で猛威を振るったようで、被害にあわれた方へのお見舞いを申し上げます。
これはメディアの撮影です
東京電力のいい加減な復旧発表(当初11日がまだ停電中の地域も)は東日本大震災の時の我が街浦安市への仕打ち(断水にもかかわらず、計画停電を断行して市民の不評を一気に買った)からの体質と1ミリも変わっておりません(上から目線の顧客対応)。

さて、私の1号基が千葉県富津市にあります。停電地帯のど真ん中。投資コストをケチって、モニター類を一切つけなかったので心配でした。

2019年9月12日木曜日

仕事はカネかやりがいか? 給与水準や本人の期待値、本人のライフステージなどがポイントか?





自慢じゃないけど私の勤務先の給与水準は同業他社比較で「低い」。

一方、リストラとかも殆どないけど。

最近、社内の若手が転職しました。自分の会社では新卒なんてとらないので、社員全員転職経験者で、入ったり辞めたりは茶飯事です。

しかし、結構頑張っていたやつだけに残念です。

転職に至った経緯を聞いていると、「こりゃ仕方ないな」と思わざるを得ませんでした。

2019年9月10日火曜日

映画「ロケットマン」エルトン・ジョン 親としての自分を顧みる


映画「ロケットマン」を見ました。
映画HPから 左が現在のエルトン・ジョン 右は映画俳優でエルトン・ジョンを演じた人
「ロケットマン」とは、あの英国のポップシスターであるエルトン・ジョンの曲であり、同盟タイトルの映画は彼の半生を描いたものであり、映画監督はクイーンのフレディー・マーキュリーを描いた「ボヘミアン・ラプソティ」と同じデクスター・フレッチャー。

二匹目のどじょうになるか?

ご参考
2つのマンマ・ミーア! ボヘミアン・ラプソディとマンマ・ミーア! 2018/12/19


2019年9月8日日曜日

8月の副業所得の状況







8月の状況と言っていますが、入金ベースなので、太陽光の売電は7月分になります。
もうお忘れ?かもしれませんが、長梅雨で7月の日照時間はかなり少なかったです。

従いまして、8月のインカムは3月(つまり2月並み)の売電実績だったということでショックでした。

2019年9月7日土曜日

8月の配当状況






8月後半から9月上旬までは、本当にバタバタしていまして、ブログの更新もままならない状況でしたが、やっと一段落しました。

外気も暑いですが、私生活も熱かったです、、、。



8月の取引
売買  なし 何か月連続で株取引を行っていないのか、、、

8月の増配 アルトリアグループが+5%の増配を実施しています。

ここ2年ほど、株を売却したり、配当を現金化したりしていますので、Yield on Cost のところは、Yieldが横ばい、Costが純減で進んでいます。その関係上異常な数値となっています。

この前、計算したところ、おそらくそろそろ配当金再投資ができそうな感じに太陽光のほうは落ち着いてきていると思います。

と言っても実際の接続にはまだまだ時間がかかりそうで油断ができませんが。

応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
スポンサーリンク








2019年9月1日日曜日

8月の投資状況






早くも9月に入りました。あれこれ忙しくすごしており、心身ともにゆっくりできる時間が少なく、もう少しバタバタしそうです。ひと月ひと月がホント短く感じます。


8月は個人的には、アルトリアとフィリップモリスの再合併話が最もえぐかったです。

たばこ株がこんなに弱気相場になったのは10年以上の投資で、リーマンショック後のゴタゴタを除けば初めてかもしれない。買いチャンスだよなあ。

なかなか不思議なのは、米長期金利が下がっているわりに、米ドルは高いしドル円も金利の下げに比べて堅調です。

昨年末の米10年金利は2.74%もあったのに、今や1.51%です。一方、ドルインデックスは3.7%のドル高、ドル円も▲3.6%の円高に留まっています。

米国の国際投資マネーが米国に帰還し、米国債などの「安全資産」に逃避しているのかな?

投資家心理的には先行き株安で、実体経済はまだ持ちこたえている状況が続いており、ファンダメンタルズ面で弱気な結果が出ると、市場心理が自己実現化しかねないよなあ。

応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
スポンサーリンク








2019年8月28日水曜日

大学入試に数学が必須なのか?






「私大文系に数学は不必要」という迷信が根強く残る3つの理由 (講談社のサイトから)

ちなみに私は高校時代から、私立文系が第一志望で数学は殆ど勉強しませんでした。スレスレで赤点を回避する芸術的?な成績でした。

しかし、今ではBS、PL、CFからDCF、IRR、PVなどファイナンス数学?というべき事項は理解しており、一応「ロジカル・シンキング」の基本ぐらいは身につけていると思う(論理的思考と数学的アプローチと類似性があるとかないとかいう議論があったような記憶あり)。

2019年8月25日日曜日

2期連続最終赤字






2期連続赤字じゃあ、配当どころじゃないでしょ?

って突っ込まれますが、株式投資先ではありません。自分の資産管理会社のことです。

6月決算としていて、この程、第2期の決算書が出来上がりました。

2期連続といっても、1期目は創業赤字でやむなし(っていうか、法人作って手続きしたけど、太陽光の接続が出来なかったので、売上高ゼロ、経費だけ赤字、って内容でした)。

2期目も当初半年は太陽光の接続待ち、残り半年でやっと接続稼動の状態でした。

ざっくり概算ですが

2019年8月22日木曜日

実家のことなど 50代の出来事






50代となると、長男・長女(というより第一子)の場合、親の年齢は概ね75歳以上の後期高齢者になっているケースが多いと思います。

私の場合、実はこの春に母が75歳で他界してしまい(生まれてはじめて喪主というものを経験した)、父親が79歳で要介護2という状況になってしまった。

実家が関西某県で、実家の近くに子育てが終わりそうな(次男が高校2年生で卒業後就職予定)妹が住んでいるので、彼女が日常の世話をやっています(いま父はちょっとした手術で入院しているがまもなく退院)。

退院後は老人ホームに入る予定になっている(本人は嫌がっているが、足が悪いので仕方ない)。
なお、足以外は非常に元気で、入院中、病院食では足りないなど食欲は旺盛です。

妻の実家も、少し前までは2人共非常に元気だったが、最近義父が骨折し、なおかつ前立腺がんと診断されたらしく、少し雰囲気が暗い。

義母も、というよりうちの母もそうだったが、話す内容にやや論理性を欠くというか、思ったことを何でも口にするので、返事に戸惑う様になってきました。

例えば、昨日は右が良いといったかと思うと、翌日は左が良いとか平気で言います。認知だったらどうしよう、などと思ったりしました。

2019年8月19日月曜日

PBR1倍は買いか 日本企業の場合







日経平均のPBRが1倍近くまで下落しているそうです(8月16日現在で1.01倍)。

強気?の市場関係者は、買い場を示唆する内容が多く見受けられます。

ホンマかいな?

論より証拠、過去の推移を見てみましょう。ただし、日経平均だとなかなかデータがとりにくいので、もっとフェアな指数であるTOPIXで調べてみました。

2019年8月13日火曜日

7月の副業状況






貸家家賃及び太陽光発電の状況です。

7月は梅雨で、日照時間も激減して、太陽光発電もサッパリでした。

尚、下記は入金ベースなので、6月分とお考えいただいて結構です。

また、地域によってカウントしている期間が少しずれており、1号基と2号基の検針日が違うため、どっちの発電所が良かったか、とか一概に言えない内容となっています。

2019年8月10日土曜日

がんの生存率について






国立がんセンターが発表しました。
がん診療連携拠点病院等院内がん登録2012年3年生存率 

がん診療連携拠点病院というのは、超大雑把に言えば、各都道府県に、がん治療を専門的にする病院を予め指定しておいて、診断された患者を集約して治療する病院です。

その方が、専門医を配置でき、治療器具も揃えることが出来、症例数・経験値も高くなって、誤診や失敗する確率を減らそう(医療費も効率的になる)という発想からだと思います。

2019年8月8日木曜日

大学の同級生との飲み会  夫婦の関係





小泉進次郎氏と滝川クリステルの結婚、というビッグニュースがありましたが、これは普通の夫婦関係の話です。

前回は大学の同級生で同じ銀行でも同期だったやつが取引先に出向になってしまった、という話でした。
ただし、一番会話時間が長かったのが、夫婦の関係でした。

集まったのが男性4名、女性3名(全員既婚者)で、特に男性陣側から女性の夫に対する本音のようなものを知りたかった、というやつが多くて、そういう話題になっていきました。

2019年8月6日火曜日

8月の配当状況





先週まで不安定な空模様でかつ比較的低気温したが、この1週間はすっかり夏空となり、かつ、今は蒸し暑く、一気に夏になり、体が夏についていかない状況です。

ジョギングをしていても、後半はバテてしまいます。発汗量もハンパありません。

しかし、この「適度?」(自分は月間150キロ程度のジョギングは「適度」と思っているけど、普通のサラリーマンから見ると「異常」のようです、笑)な運動量のおかげで、夏バテには至らず、今でも食欲は旺盛です(それで体重が減らずに困っていますが)。

株式相場や為替相場も、「適度な」リスクを取って、無理せず、ロングランでやっていくことが肝要かと思います。

売買、増配ともにありません。

横ばい圏内をうろついています。

応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
スポンサーリンク








2019年8月4日日曜日

7月の投資状況






仕事以外にいろいろと秋ごろまで忙しくしており、なかなかブログの更新時間が取れません。

忙しいのがいいことなのか、どうなのか、よくわかりませんが、依頼されているミッションをなんとかこなしていきたいと考えています。

とは言っても、ジョギングや休憩の時間は確保できており、交感神経と副交感神経のバランスを保つようにはしているつもりです。

さて、7月

2019年7月27日土曜日

「長友佑都のファットアダプト食事法」を読んで






タイトルの通り、著者はサッカー日本代表の長友佑都選手です。また、監修に「ロカボ」という言葉で糖質制限を提唱している山田悟北里大学糖尿病センター長がいます。

内容は、現在長友選手が日ごろ取り組んでいる食事内容、その理由やその効果などを紹介しています。

糖質制限とか脂質摂取とかのバックグラウンドがある程度お持ちの人なら、腹落ちしやすい本だと思います。

知識がない場合でも、長友選手の解説は非常にわかりやすいと思いますので、基礎知識は頭に入るでしょう。

2019年7月20日土曜日

サラリーマンアップデートと投資の準備状況 2019.7.20






ブログの更新頻度が落ちる言い訳をこの記事で埋めているような気がしています(笑)。

仕事が忙しいのはいいことなのでしょうが、成果に結実する仕事と結実しそうにないけど、やらなければならない仕事があって、後者に忙しいとなかなかモチベーションが上がりませんね。

2019年7月14日日曜日

6月の副業状況






貸家家賃及び太陽光発電の状況です。

6月の入金ベースなので、実際は5月の状況になってしまいますね。

5月も絶好調だったんですが、足元の7月は梅雨時で、こういうわけにもいかないでしょうねえ。

2019年7月9日火曜日

大学の同級生と飲み会 同じ銀行に入った同級生





久しぶりに学生時代の友人合計6人と会った。5年ぶりぐらいかな? 2人は女性。

女性2名はパートであるが、働いている。他の3名の男性は新卒からずっと同じ会社で働いている。

ただ、同じ銀行に入った同級生が、この春出向となっていました(注;私は大学を1年休学したので、この同級生は社会人だと1年先輩になります)。

銀行の場合、だいたい52から53歳以降は、出世し続けない限り出向になる人事です。

実家がある地方大都市にある取引先に出向したようです。実家が気になるようです。

2019年7月6日土曜日

イマドキの学生アルバイト事情 その2






前回(今どきの学生アルバイト事情 2019/6/13)で、息子のバイト事情を少し書きました。

その続編?です。

どうも「初任給」をもらったようで、嬉しそうにしていました。そしたら、生意気?にも、「初任給なので」ということで、アマゾンのギフトカードを4千円分、私、妻、娘(彼から見れば妹)の3人にプレゼントしてくれました。

妻が、「初任給出たら、ケーキでも買ってこい」というようなことを言っていたらしいのですが、そのレベルを遥かに超えていたので、妻もびっくりしていました。

私は何も知らなかったので、もらってびっくりでした。その場では冷静に「ありがとう」と一言だけ(無表情で)言いましたが、心の中では、むちゃ嬉しかったです。

まあ、粋なことをやってくれると同時に、子供も成長すれば成長したで、また楽しみが増えるものだなあ、と思いました。

なんか使いづらいなあ。

幼い頃や小学校低学年ぐらいまでは、かわいい、という感じで、少しずつ反抗期に入ると同時に生意気に感じて、成長するに従い話題が共通するようになってきて、また楽しみが増えますね。

経済学部に進学したので、経済関係のことをある程度言ってあげると、それなりに参考になっているようです。

親バカでした。

応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

スポンサーリンク








2019年7月4日木曜日

2019年6月末のポートフォリオ






こちらも半年に1回やっています。
基本的にBuy & Holdなので、日ごろのポートフォリオがどうなっているかはたいして気にしていません。この半年間は正真正銘Buy & Holdだったような気がします。

ただ、管理という面で、6か月に一度ぐらいは点検しておこう、という感じです。子供名義のものは含まれていません。

2019年7月2日火曜日

2019年上半期の資産状況






半年に一回やってます。
スポンサーリンク



2008年12月から、この記録をやりだした関係で、その時までに証券会社に送金した金額を100、その時点での時価評価を61としてスタートしました(リーマンショックの真っ最中だったんですね)。

その後、投資元本のほうは、ガンガン投資していきましたが、2014年に入って、車を買い替えるためと病気治療のために少し資金を引き出しました。

治療が一段落して、再び元本を増やしましたが、15年ごろから学費がかかるようになり、投資にマネーを振り向ける余裕がなくなりました。

以降、株式相場のピーク感と太陽光発電への投資を始め、株式相場から資金の引き揚げを開始しました。

期待外れに終わったような銘柄やその時の配当金の貯まった資金を引き出しています。

2019年はまだ資金の引き出しを予定しています。本当はゼロ付近まで引き出そうと考えていたのですが、そこまで必要なかったみたいです。

株式相場は少しずつですが、上昇が継続しているので、引き出さずに運用していれば複利の法則でもっと増えていた可能性もありますが、株の資産総額を伸ばすのではなく、インカムの極大化を目指しているので、確実性が高いと思われる太陽光発電に一部資金シフトした、という感じです。

一方、上記グラフでは、11年間で投資元本に対するリターンが6.3倍になっていることになりますね。

応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
スポンサーリンク








2019年6月30日日曜日

6月の配当状況


梅雨本番、という感じでムシムシします。1年で最も嫌いなシーズンです。

くせ毛がひどく、湿気が多いとくせがひどくなって、髪の毛がまとまりません。50過ぎて、髪の毛が健在なことに感謝すべき?かもしれませんけどね。

2019年6月29日土曜日

6月の投資状況






G20は米中貿易戦争が、ちょっと回避されるような結果(アメリカの農産物を買うから、ファーウエイをいじめないで)となっています。

両方の妥協と立場を考えての結果でしょうね。

2019年6月25日火曜日

子供の学費とか生活費もろもろ







妻と話していると、ママ友?から(あるいは職場の同僚等)子供の同級生がどうしている、などという話をよく聞きます。

教育方針などピンからキリまであって、ご主人の職業や年収や共働き度合い、子供の数など様々な要因で左右されますが、「よそ様はなんでそんなにリッチなんだ」って思ってしまいます。

私個人の収入は、決して多くはないですが、同世代サラリーマンの平均以上はあると思います(高校の授業料の補助は受けられなかった)。

ただ、昔銀行で住宅ローンの融資を腐るほど実行したので、大体の職業の人の年収水準って、頭に入っているんですね(大学教授、学校の校長先生、勤務医、開業医、裁判官から上場企業の役員・従業員とか様々。自営業者はマチマチ)。

当時の90年代後半と比較して、給与水準って、そう変わらないはずです。

そうした一般知識から考えても、そんなに楽じゃないと思うんですけどねえ。

2019年6月22日土曜日

S&P500は最高値なるもイールドカーブは逆転している






6月20日木曜のNY相場S&P500は最高値を更新したものの、その理由はFRBへの利下げ期待と考えられています。

一方、利下げ期待する理由は、景気先行き不透明感が想定されます(FRB的にはインフレが発生していないということですが)。

短期金利(FFレート)は政策で決定されるため「まだ」下がっていませんが、長期金利(米国債10年物)は市場取引で決まるため、景気の先行きがイマイチと思っている以上、下がります。

長期金利が下がって、短期金利が下がらない状態(これまではむしろ上昇していた)が継続してしまうと、長短金利が「フラット化」(金利差がなくなる)し、しいては逆転(短期金利>長期金利)現象が発生します。

2019年6月19日水曜日

ワークアウト アップデート







さて、食事と運動は体調管理の両輪です(おっと、睡眠も重要)。

最近の運動に関する記事です。

基本的には従来と変わらず、筋トレ(サーキット・トレーニング、自重トレ)とジョギングが中心です。

特にジョギングがメインで、ジョギングで効率的に脂肪を燃焼させるために、筋トレをやっているという感じです。

しかし、だんだん、スタイル維持とか、フルマラソン完走、とか手段が目的化しつつあります。

あまりに目的化が過ぎても意味がないので、無理しないことを「もう50代だから」を言い訳に利用させてもらっている、という感じです。

ジョギングは、始めて丸3年が経過し、4年目を迎えています。よく続くなあ。

2019年6月13日木曜日

イマドキの学生アルバイト事情






「皿洗いバイト」の画像検索結果
久々に長男の話。

2人の子供は現在、息子が大学1年、娘が高校2年生になりました。

娘は高校1年のときから郵便局の年賀状の仕分け作業等の季節的なアルバイトをすこしやっていました。その間息子は受験勉強をしていました。

晴れて大学生となって、落ち着いて、アルバイトをはじめました。やりたくってしょうがなかったようです(親に文句言われずに使えるカネがほしいのでしょう)。

2019年6月11日火曜日

弱気相場で知っておくべきこと 4つのルール その2 By Ken Fisher








その1に続いて、残りの部分です。

あと、Fisher Investmentsが言っている重要なことは、

2019年6月9日日曜日

弱気相場で知っておくべきこと 4つのルール By Ken Fisher その1







ビリオネア―投資家であるKen Fisher氏(米:フィリップ・フィッシャーの息子)が率いるFisher Investmentsの分析による、弱気相場で知っておくべきことを2回に分けて紹介。

その1としてFour Bear Market Rulesを紹介

まず、彼らはお断りとして、

各弱気相場には各々のきっかけがあり、いつ弱気相場が始まるのかをあらかじめ言い当てるのは、ほとんど不可能である。

しかし、ピークから20%かそれ以上株価(Indexのこと。以下同じ)が下落したら、(ピーク時を初日として)弱気相場入りと一応定義。

きっかけは、何らかの予期せぬネガティブサプライズだったり、投資家のセンチメントだったりする。なぜなら弱気相場に入るまでは強気相場だったのだから。

弱気相場では、迂闊にポジションを整理して、資金を引き揚げるより、次の強気相場への準備をすることが最善の策

と言っています。

そのうえで、弱気相場とはどんなものかを4つのルールで示しています。

2019年6月7日金曜日

金融庁の「老後2000万円不足」への雑感






すでにあっちこっちで議論されているこの件。

いまさら何をそんなに騒ぐのか? というのが感想。

政府が自ら、年金制度が不十分、って言ったようなもの(政府といっても、年金は厚生労働省で、今回は金融庁だから縦割りで違うけど)で、無責任的な意見が多かったように思う。

その人の立場や生活環境などでなんとも言えないが、何らかの準備が必要なことはあっちこっちで散々議論されているような気がする(投資をやっている人なら普通)。

そもそも政府がすべて何もかも面倒を見なければならない、という発想の前提がおかしいと思う。

憲法で文化的な最低限度の生活を保障するのが精一杯で、経済的にはそれが生活保護(生活保護自体に課題があるが)だったと理解しています。

スポンサーリンク



老後資金に限らず、それなりに準備した人とそうでない人と年月が経過すればするほど、その差が大きくなるのは、物事の原理原則じゃないか?

ただ、マインドが冷え込んで、益々消費から貯金へ資金がシフトして、景気に冷水を浴びせるようなことがなければいいなあ、と思いました。

北欧諸国ほど、税金/社会保険料負担をしたくないけど、北欧並みの福祉を求めるのは、ないものねだり、のような気がしました。

「2000万円なんて貯められないよ」

確かに、20代・30代の若い人に聞けば、そのように答えるよなあ。自分でも想像つかない額ですね(銀行に勤めていたので、お客様の預金通帳では毎日のように見ていましたが)。

50代、60代だと、なければないなりに生活するしかないように思います(定年後も働くとか)。

生活設計を真面目に考える「機会」と捉えるか、不安で仕方ないと「脅威」と考え、不安のハケ口を政治に求めるか(2000万円が十分かどうか別として、年金だけでは心細いのは事実)、受け止め方によると思いました。

ただし、やっぱり「不安好き」な日本人(不安を抱えていないと、不安じゃないですか?)ですから、経済・金融・株価にマイナスに作用しないか、不安です

応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
スポンサーリンク








2019年6月5日水曜日

副業所得の状況 2019年5月






配当以外のインカム、貸家の家賃と太陽光発電の売電状況などです。
入金ベースの状況です。4月、5月は太陽光発電がたぶん1年でピークになる時期だと思います。秋は台風などで日照時間の減少がありますので。

夏のような暑い時期はかえって発電効率が良くないようです。

2019年6月3日月曜日

5月の配当状況






持ち株の半分以上の増配発表が終わったように思いますが、年度後半にはたばこ株を始め主力銘柄の増配(今年は心配だなあ)がまだ残っています。


2019年6月2日日曜日

5月の投資状況






終わってみれば、Sell in Mayの5月だったように思います。

31日に、中国向けのみならずメキシコにも関税をかける、とトランプさんのツイートでニューヨーク市場は荒れました。

ドル円も108円台まで下げました。このままでは月曜の日経平均が大荒れになりそうですね(円高に加え、メキシコ関税→自動車関連銘柄が総崩れ???)。

2019年6月1日土曜日

銀行員の不安などへの雑感 転職も悪くなかったと思う






『銀行は「一生安泰」で「エリート」な職場だったけど今後はそういう訳にはいかない』

そういう話を最近良く聞きます。
銀行員が「一生安泰」ではなくなった深刻背景 (東洋経済オンライン)

言ってることはここ20年同じじゃないかな、と思う次第です。

2019年5月30日木曜日

消費税率10%問題とバブルの再来







簡単に。

衆参同日選挙をやる、やらない、の憶測が後を絶たちません。

参議院選挙を単独でやると、与党に分が悪く(安倍政権が長期化していて、マスコミに重箱の隅ばっかり突かれて、「お灸を据える」意味合いがあって野党に票が流れやすいそうです。

衆議院選挙は政権政党を選ぶ選挙なので、比較的有権者は真面目に選ぶ?らしいです。
しかし、衆議院を解散するためには、真意を問う大義名分が必要になります。

従来はロシアとの北方領土の2島先行返還や憲法改正等と言われていましたが、最近は消費増税を再び延期するか中止するか、などを問う、とも言われています。

個人的に、消費税率の引き上げはやめた方がいいと思います。理由は言わずもがなです。景気が腰折れします。

一方では、外部環境(米中などの世界経済情勢等)次第ですが、消費税率の引き上げを延期か辞めた場合、バブルが来るんじゃないか、とも思ってしまいます。
(なんか一気に緊張感が溶けるような気がするんですねえ)

まあ米中貿易戦争が何らかの形で妥協しないと、世界経済もリセッションになりそうですね。

消費税率引き上げ延期(中止)に加え、米中貿易摩擦が妥結した場合、バブルが来るような、、、。

バブルが来ると、弾けた後が大変なので来てほしくないのですが、消費税率10%はもっと嫌。究極の選択、いや、受け身の状態ですね。

応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

スポンサーリンク








2019年5月25日土曜日

あれから5年が経過しました






2014年3月から丸5年2ヶ月が経過しました。
先日、半年に一度の定期検査に行き、異常なしで、悪性リンパ腫の完全寛解を得ました。

簡単に経緯等を書きますと

2019年5月21日火曜日

事業承継問題のリアル 






日本経済新聞 17年10月6日号より
よく言われるこのフレーズ。最近、身近でよく聞くようになった。特に運送業で顕著なようだ。

運送業者は、ヤマト運輸が給与引き上げ、配送料も値上げで、その後各社が追随した。

私が聞いた限りでは、運転手はやはり、稼ぎがいい建設関係のドライバーが一番人気のようで(免許とかあるが)、運輸業者はその次の様です(従って、オリンピックが終わってしばらくすると、ドライバーがまた宅配等に戻ってくるとか?)。

運輸業者も大手はまだ確保可能(それでも人手不足のようだ)でも、中小となるともっと人手不足のようです(そもそも社会保険や有給休暇制度などが整備されていない会社も多い)。

2019年5月19日日曜日

米中貿易戦争や景気動向など雑感







「相場の先行きはわからないから、考えても仕方ない」

という考え方は、確かに一理ありますし、実際そうかもしれません。

しかし、リーマンショック後の株価暴落時に、「これ以上下がらないし、また景気は回復し、株価も回復するはずだ」という仮説に基づき株式投資を行った身としては、今はダウンサイドリスクを警戒するのみです。

(S&P500も800程度だったし、せいぜい1500ぐらいまで行けば次の不況に入るだろう、なんて思っていたので、2800にまで上昇するなんて、全く想像つかなかった)

2019年5月17日金曜日

「市場の圧力」 次期エネルギー論争 投資との関係性





週刊東洋経済の今週号
「脱炭素時代に生き残る会社」


という特集を興味深く読みました。

私には、自分自身が矛盾しているのか「分散投資」なのか、わからなくなってきた。

東洋経済の特集の内容はざっくりこんな感じ

2019年5月15日水曜日

副業所得の状況 4月







久しぶりの更新となりました。GW、その後も仕事や太陽光発電の草刈りなど忙しくしており、更新をサボってしまいました。

主力の太陽光発電の現状です。特段変化はありません。
売電予想は年額
賃貸不動産込みの入金状況は以下のとおりです(入金ベース)。

2019年5月2日木曜日

4月の配当状況 バークシャーがアナダルコ石油を間接的に買収か?







シェブロン(CVX)のアナダルコ(APC)への買収提案は、米同業のオキシデンタル(OXY)の提案で買収合戦に入りました。

前回も記載した通り、単にOXYが高値で買収提案したところで、OXYの企業体力からみて大丈夫か? という懸念事項がありましたが、今回なんと、ウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイがOXYに最大約1兆円(100億ドル)の出資(8%利回りの優先株の引き受けをAPC買収完了が条件で出資するとのこと)とOXYの株価62.5ドルで購入できる新株予約権8000万株分を得たようです。


いやあ、CVXの株主としては場外乱闘のような感じですね。

これにより、表面的にはOXYの弱点であった資金調達能力はメドがたったかもしれません。

さて、4月の配当です。

2019年5月1日水曜日

4月の投資状況







世間では、平成最後、と令和の年号の話題で持ちきりですね。

年号はもはや不要と考える派に近いので、あまり興味がわきません。仕事や生活のほとんどが西暦で済ませてしまうので、役所などに行くと戸惑ってしまいます。

しかし、気持ちよく天皇陛下のご退位を見届けることができるのはいいことだと思いました。

少しだけTVを見ましたが、天皇陛下がご自身を日本の「象徴」としての役割を果たそうとご尽力なされていたことに感動を覚えてしまいました。

さて、4月の投資状況です。

2019年4月29日月曜日

ワークアウトな日々 ランニング







小出義雄さんがご逝去されました。ご冥福をお祈りいたします。

私も小出さんやその教え子さんたちの著書や記事を繰り返して読んで、自分のランニングに役立てていたので、「さすが」と思っていたので、とても残念です。

特に小出さんのポジティブシンキング、褒めて育てる、というのが印象に残っています。


さて、今日は自分のランニングの話しを

2019年4月27日土曜日

セミリタイア、アーリーリタイアについて 2019年時点で思うこと






春の東京駅


最近流行っているようです。
理由は
  1. 投資で儲けた、早期退職で一時金があった他、生活資金に不自由することがない
  2. ネットなどで同じ様な人がたくさんいる(先例がたくさんある)
  3. 意外と?独身が多い または、DINKsのトップランナーだった夫婦が50歳を超えたなど
  4. 海外移住もそれなりに自由になった
等でしょうか。

自分の場合は、仕事を辞めるとさすがに生活資金には苦労する(と言っても、週に数回のアルバイトでよければ、なんとか生活できそうな感じはするけど)

2019年4月25日木曜日

OccidentalがChevronのAnadarko買収に対抗提案し、買収合戦に発展







<米国>アナダルコが急騰 オキシデンタルが570億ドルで買収提案 (日経電子版)

<引用>
同業のオキシデンタル・ペトロリアムが24日、アナダルコに対し負債を含めた総額570億ドルで買収を提案した。アナダルコは米石油メジャー、シェブロンの買収提案を受け入れているが、その提示額を70億ドル上回る。
(省略)
オキシデンタルはアナダルコの全株式を1株76ドルで買収すると提案した。シェブロンの買収価格(65ドル)を17%上回る。現金と株式交換を組み合わせて買収するが、現金比率はオキシデンタルが50%とシェブロンの25%より高い。
<引用終わり>

(注:私は長年のChevron:CVX株主です)

2019年4月23日火曜日

REITの利回りなど不動産投資について留意すべきこと






確かに預金金利や国債利回りなどに比較すれば、REITの利回りは相対的に高い可能性がある(今、平均すれば4%ぐらいか?)。

不動産収入は安定しているから、株より比較的ミドルリスク・ミドルリターンである、とか言われている。

株価が天井付近で張っている以上、次の「買い物」を探すにはいいかもしれない。

しかし、景気がピークから下落に向かう場面では(広瀬氏は米国経済はピーク付近と言っていた)、不動産投資への「長期」での投資へは留意したほうがいい。

2019年4月20日土曜日

ミドルの出向・転籍社員の悲哀こもごも






今のプロジェクトは、ある企業のある種経営アドバイスのようなことをやっています。

その会社は業界では一定の名が通っていますが(非上場です)、いろいろあって人材不足に悩んでいます(イマドキすべての企業で人手不足なのですが)。

特に管理職クラスでも人材が不足するため、取引銀行や取引先企業のシニアクラス(50代が多い)を出向・転籍で受け入れることがしばしあります。

出向先は誰でも名前を知っているメガバンク・地銀、グローバルメーカーだったりします。

某銀行の元支店長、某メーカーの技術参与とか肩書はご立派です。

しかし、いざこの企業に来てみると、、、、

合わない人が多い(勝率? ある企業から見て「来てもらってよかった」と思える確率 は20~30%程度です)。

理由は、よく言われることですが、

2019年4月14日日曜日

映画「VICE」を観て








公開中の映画「VICE」を観てきました。50歳以上なので、夫婦で2200円で観れます。

アメリカの元副大統領ディック・チェイニーを描いたこの話題作。

アメリカ経済のみならず、アメリカ政治にも興味がある私(大学時代のゼミはアメリカ外交しだった)には興味深かった。