2018年11月17日土曜日

子供のこと 公立高校と私立高校の違い






いつものジョギングコースです。東京湾が見えますが、あんまりそんな余裕もなく走っています。
なぜか子供ネタはアクセス数が堅調になります。他人の家庭に興味があるんでしょうねえ。私も家族のことを書いてあるブログを読むのが好きです。自分の家庭と比較してしまいますから。

ご参考)
高校生の子供のこと (2018/5/27)

さて、我が子どもたちは長男が大学受験真っ只中(現在高3で毎晩ガリ勉中)で長女は高1で高校生活を謳歌しています。

具体的に長男は、私立で(一応特別進学クラス)、放課後には学校が主催する補講と、学校に出張に来る予備校の授業を受けるため、毎朝7時に家を出て、夜の9時半から10時ぐらいに帰宅します。
(私より少し早めに家を出て、同じぐらいの時間に帰宅する。但し夕食も学校で給食がある)

帰宅後も、ゴソゴソと勉強しているようです。(やっと)お尻に火がついている受験生です。親はあまり話しかけずに、見守っている状態です。

彼は高1のときから、毎週1日~2日は放課後に補講があって、夜の帰宅は遅かった。高2の夏までに高3までの履修を終えて、その後はひたすら問題を解いていると言っていました。

一応、部活動は6月の下旬までやっていました。しかし、学校側が全面的にバックアップして勉強に専念できる体制を学校でも家庭でも作ろうとしています。今は週末でも教室を開放して自習室とし、何人かの先生が対応しているようです。

2018年11月15日木曜日

景気の潮目確実か? iPhoneか米中関税戦争か、金利上昇か? 自分の投資方針を見つめ直そう







株価が軟調なこともさることながら、IT系(スマホ、半導体とか)企業の業績見通しが明らかに不透明になってきた。にもかかわらず、米FRBは引き続き金利の引き上げを検討しています。

夏頃は、「『米中貿易戦争』と口では言ってもうちには該当しないんじゃないか、とか中国の取引先でも様子見のようで影響は小さいと思う」という趣旨の話が多かった。

9月にiPhoneの新機種の発表があったものの、思ったほど需要が伸びそうにない、というニュースが駆け巡ってきた。

そうなると半導体関連投資(半導体、装置、材料、部品等)の額が減る、業績が伸び悩む、となります。

設備投資が弱くなると、機械系の事業者も業績が弱くなります。資本財とかいうセクターに振られますね。

2018年11月13日火曜日

太陽光発電5基目を契約







太陽光発電投資、5基目を契約しました。

千葉県袖ケ浦市のご覧の通りの場所です。南側が線路(駅がすぐ)、北側が民家となっています(溝と民家の間)。

2018年11月8日木曜日

クルマのリコール マイカーがリコールされることになった!







今まで車のリコールなんて、他人事、いや投資家目線で「大丈夫?」という感じでしか見ていませんでした。

しかし、マイカーにリコール通知がついに来ました。


2018年11月4日日曜日

10月の配当状況






気が付けば、最高気温が20度を下回る秋本番になってきました(来週はまた20度超えるらしい)。
最高気温が20度を下回ると、スーパーでは鍋物関連の食品の売れ行きが良くなるようです。

また、11月のこの時期は、米国でサマータイムが終わるので、相場開始が午後11時30分となって、買いを入れるのに、一苦労する季節でもあります。

翌朝、相場の動向をチェックするにも、ブルームバーグあたりだと、日本時間の6時だとまだサマリーが日本語版でアップされていなかったり、ということがあります。

(雇用統計の発表も1時間ずれる)

アメリカでできて、なぜできない、サマータイム制? 役人がめんどくさいからって、新聞の行間に書いてありますね。