2017年8月16日水曜日

映画「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」の雑感



映画の感想文になります。

マクドナルドの「育ての親」、レイ・クロックの物語。

バッドマン(古いなあ)のマイケル・キートンが主演するとあって、結構期待した。ただし、上映映画館は角川の映画館のみという寂しさ。夏休みを利用して、妻と有楽町のビッグカメラの上にあるシアターで観覧。

2017年8月14日月曜日

思春期の子供とのコミュニケーション

「思春期の子とのコミュニケーションに悩んだら読む本」大塚隆司著(大和出版)

という本を読んだ。
著者は学習塾の講師のあと、発育障害を持つ子供、不登校児等の親に対するサポートなどを行い、今は「思春期専門カウンセラー」とのこと。

2017年8月11日金曜日

ベストな投資方法とは?




連続増配投資?
ETF、インデックス投資?
最高値投資法?
中小型投資法?
優待株投資法?
デイトレード?
スイングトレード?
イベント投資?
オプション(コールやプットなど)?

いろんな投資法があります。

2017年8月9日水曜日

日本の株式時価総額ランキングを見た雑感



カリスマブロガーのぞう記事日米時価総額ランキング比較が掲載されていました。

ちなみに日本企業の8月8日現在の時価総額ランキングは日経電子版によると以下の通りとなります。

2017年8月8日火曜日

7月末時点でのTOPIX、S&P500のPER、バリュエーション



定点観測です。

2017年8月6日日曜日

楽天スーパーポイントの獲得実態 ケチケチ作戦 ふるさと納税に利用



最近やっとロゴも英語表記になりました。社内公用語はずっと前から英語だったはず?
「億り人になりました(数億り人も続出)」という景気のいい話が絶頂のこの頃、ケチケチ作戦(節約術??)に関する記事です。

通販を1か所に集約すると、ポイントがポイントを生んで、ますますお得になる、というのは感覚的に理解できますが、実際どうなの? 

私は、楽天に電子取引のかなりの部分を集約させていて、いわゆる「楽天経済圏」を使い倒すことにしています。

実際、6月どのような取引で、どれぐらいスーパーポイントが貯まったのかを公開。狙って貯めるというより、徹底的にキャンペーンに参加して、キャンペーン加算されるポイントを稼ぐのがミソかと思います。

2017年8月2日水曜日

7月の配当状況




円高の逆風が引き続き尾を引いています。

7月の投資状況


恒例の月末定点観測です。

今月はいろいろありました。

2017年7月31日月曜日

米たばこ業界におけるFDAの発表に対する個人的な投資スタンス



週末に、アメリカのFDAが、たばこ製品に含まれるニコチン含有量について、常習性のない水準まで引き下げることを義務付ける新しい規制を検討している、と発表したようだ。

これによって、たばこ銘柄の株価が急落した、ということでちょっとした騒ぎになっている。もちろん、私のポートフォリオ第2位(にまで上り詰めてきた)アルトリアグループ(MO)も直撃弾を食らって、土曜日の朝起きたら1か月分の手取り給料が吹っ飛んでいた(よくあることだが)。

今回の発表がたばこ会社にとってどうなるのか、予想は難しいし、分からない。

2017年7月30日日曜日

女性のブログから学ぶ



このブログの読者の90%は男性ではないか、と思っているので、今回の記事ははずれかもしれない。

2017年7月27日木曜日

マクドナルド(MCD)決算雑感




いやあ、よかった。

既存店売上高の前年同時期比較が6.6%にも上り、これが度肝を抜きました。全地域でプラスだったようです。

MCDの売上高で重要視されるのは、Systemwideベース(直営店とFC店の合計売上高)の既存店売上高になります。大きく、来店客数の増加が3%で単価も3%寄与したそうです(為替の影響なしベース)。

2017年7月26日水曜日

相場雑感 2017年7月26日



決算発表シーズンがいよいよ佳境に入ってきました。日本企業も第一四半期決算を迎えます。
しかし、
今回の景気回復がどこまで持続できそうか、という点が気になりますね。

「相場のタイミングを見て投資してもわからないし、ドルコスト的に投資していくのが一番いい」
という意見があります。おそらくそうだと思います。若くて、投資期間がたくさん取れるのならば。

2017年7月24日月曜日

内閣支持率 の急落とのその理由 「自分ファースト」な有権者像



日経新聞とテレビ東京の調査でも39%に落ちてしまいました。
その理由というのが、

安倍離れ」浮き彫り、不支持最高52%、「防衛相交代を」73%(本社世論調査)(日本経済新聞 2017年7月24日)

2017年7月23日日曜日

アメリカ企業持ち株、第二四半期決算の雑感 Black Rock、IBM、Kinder Morgan、JNJ



いっぱいあったけど、カンファレンスコールの議事録を全部読み切れていない。


2017年7月22日土曜日

太陽光発電投資 日本再生可能インフラ投資法人(9283)にNISA口座で追加投資




NISA口座をどのように活用すべきか。思いっきり値上がり追求型で投資すべきか、配当金非課税を狙うべきか?

悩んだんですが、まだ投資を始めて10年弱であることや、シンプルに考えたい(パフォーマンスが素晴らしい人を見ると正直うらやましいが)ということもあり、後者の配当金非課税狙いを基本としています。

しかしながら、現時点で、「連続増配で3%以上の利回りで、ガンガン突っ込める」ような先もなかなか見つからない、と言った感じでした。

太陽光発電に関する知識を仕入れているので、インフラファンド投資法人は(株価の上昇には確信が持てませんが、これは一般の事業法人でも同じ)、配当の確実性はあるんじゃないか、と思っています。

2017年7月20日木曜日

Kinder Morgan Inc.(KMI) 増配と自社株買いを計画




KMIの決算発表があり、

2020年までに配当を150%増やす
$2Bの自社株買いを行う
とアナウンスした。株価はアフターマーケットで4%以上アップした

2017年7月19日水曜日

たった3つの銘柄のアメリカ株でオリジナルの毎月分配型投信を作る方法 




いい加減に語りつくされたと思っていた、毎月分配型投信の是非の件。
金融庁が毎月分配型投信を名指しで批判した、ということが話題となっています。
森金融庁長官3年目の責務は「毎月分配型投信の撲滅」だ (ダイヤモンドオンライン)

2017年7月17日月曜日

真夏のワークアウト 夏バテ防止




実は前回の東京ベイシティマラソン(2月6日)以降、ひざを痛めてしまい、ランニングは完全にできていません。

当初、左足のひざの痛み(正確には腸脛靱帯炎:ちょうけいじんたいえん)があり、2月、3月をのらりくらり過ごしていて(走る距離を短くしたりした)、よくなったと思って、再開しだすと、今度は右足が腸脛靭帯炎になってしまうということになり、5月、6月はウオーキング中心にワークアウトしていました。

7月に入って、やはり走りたい、となって、だいたい10キロ前後をウオーキングするのですが、前半7キロをウオーキング、後半3キロをジョギング、または前半5キロをウオーキング、後半5キロをジョギングという風に、ジョギングの距離を少しずつ上げているところです。

2017年7月16日日曜日

子供の教育費のかけ方




いまさらながら考えさせられる。大雑把にいうと、

教育は非常に大事だから、金に糸目をつけずにどんどんかけるべき
一方
子供の教育費は是々非々で、かければいいってものではない

という2つの考え方がある。私の周りは結構前者の方が多い。おそらく当人も十分な教育費をかけてもらっている可能性がある。

世間ではやっぱりこんな感じらしい。
「親が貧しい子」は勉強でどれだけ不利なのか(東洋経済オンライン)

2017年7月15日土曜日

保有銘柄の定期点検 その3 AT&T 33年連続増配継続中




第3回目は、配当株投資を考えている人なら、無視できないAT&T(T)です。Tについては過去にもいろいろ書いていますが、懲りずに書いてみます。

参考記事
配当貴族銘柄 AT&T(T) 32年連続増配 #34 S&P Dividend Aristocrats ‘16/3/19

配当貴族銘柄 AT&T(T) 32年連続増配 #34 S&P Dividend Aristocrats その2
‘16/3/20

2017年7月13日木曜日

東芝 どうなる? 監査意見不表明の可能性



東芝監査、意見「不表明」へ 有価証券報告書、3月期も (朝日新聞デジタル)

意見不表明とは
重要な監査手続が実施できず、結果として十分な監査証拠が入手できない場合で、その影響が財務諸表等に対する意見表明ができないほどに重要と判断した場合には、会社の財務状況を「適正に表示しているかどうかについての意見を表明しない」旨及びその理由を監査報告書に記載する。
日本公認会計士協会 監査意見種類 より)


2017年7月12日水曜日

為替や米長期金利の動向と日本株に対する影響など雑感



まず、私の基本スタンスは、現在のドル円レートは円安気味であると考えています。

(参考記事:少し古くなってしまいましたが)
長期投資で受取配当を効率的に増やそう その6 ドル/円レートと米国株投資について

ドル円の「理論価値」は二国間の実質金利水準に収れんされる、とする仮説に一番説得力があると思っています。

2017年7月10日月曜日

東芝メモリーの売却についてとM&Aによる売却プロセスにおける職業上のプロ意識の持ち方



M&Aによる事業や子会社の売却というのは、特に上場企業の場合、オークションプロセスを経て行われることが一般的です。

それは、売り手企業の取締役の善管注意義務の一つで、ビジネスジャッジメントルールというものがあり、常に株主にとって(その時点での)ベストの選択を様々な角度で検討して、意思決定をする、というものです。

2017年7月8日土曜日

保有銘柄の定期検査2 Procter & Gamble (PG)



ポートフォリオの点検シリーズ第2弾、P&Gです。

保有銘柄の定期検査のつもりでやっています。保有銘柄のうち、イマイチパフォーマンスだと自分が思っているものから順番にやっています。

結論から言えば、あまり顔色がよくないようだが、健康で今後に期待、という感じでしょうか?

2017年7月6日木曜日

2017年7月5日水曜日

17年6月末時点のポートフォリオと総資産の推移



半年に一回やっています。売買頻度は低いので、毎月やってもあんまり意味がありません。

2017年7月3日月曜日

都民ファースト! 株主セカンド? 黒田電気 村上系のモノ言う株主の勝利





都議会選挙とアンチ安倍・自民党報道が相次ぐ中、日本の株式市場にちょっとした「異変」が起きました。

村上ファンド 黒田電気に関する過去記事



2017年7月2日日曜日

6月の配当状況




Dow Chemicalの売却は思ったよりも大きかったです。

日銀です

2017年7月1日土曜日

6月の投資状況



6月上旬の丸の内仲通 GARBはバルニバービ(3418)が経営

なんかイマイチな月でした。

2017年6月29日木曜日

ロカボ(ローカーボン;低糖質)ブーム 個人的には効果がある




昨日、たまたま、通りがかったらやっていました。残念ながら終わっちゃいました。

2017年6月28日水曜日

米国株投資に人気がある?理由 それは投資目的に合っているからだろう。




人気があるかないかと言えば、「ない」らしい。

以前出版オファーがあった際にも、「米国株」を前面に押し出すより、「配当で確実に」というテーマで編集者から話がありました。

アメリカ株をタイトルで前面に押し出すと、本の売れ行きが良くなかった、というデータも見せてもらいました。

私自身も、安定した配当/インカムが資産運用のゴールであり、リスクとリターンを考えると米国の連続増配系の銘柄に投資するのが確率は高い、という理由で米国株を好んでいますし、その旨を伝えていました。

したがって、米国株に人気があるのか、という意見に対しては、NO、というのが客観的な反応です。

2017年6月27日火曜日

小林麻央さん、川島なおみさんを通じて、これからがんになる人に知ってほしいこと 民間療法など




ご冥福を心からお祈りします。

小林さんは、その闘病生活をブログなどですべてオープンにして、がん患者やその家族・関係者等を励ましてこられました。

しかし、その小林さんも診断当初は民間療法に通っていたのではなかったか? とも言われています。
川島なおみさんも、そのように聞きました。

これを聞いて、何とも言えない気になって、書いてみることにしました。

2017年6月25日日曜日

「生涯投資家」 村上世彰著 を読んで 



10年ちょっと前、「村上ファンド」で日本中が大騒ぎしました。その村上世彰氏本人が書いた本、しかも、今、この時期に、というとで、本屋で目にしたその瞬間、スマホから電子書籍を買いました(その場ですぐに本屋で買わないところがイイね!)。

村上氏がどんな人物かを、今更説明する必要はないかもしれないが、このブログの読者の方は30代の方も多く、最近投資を始めた方も多いようなので、少し触れておく。

2017年6月24日土曜日

保有銘柄のチェック1 International Business Machines IBM



過去に、「配当貴族シリーズ」でDividend Aristcrat 銘柄を順次紹介していったが、自分の保有銘柄について、似たようなアプローチをとることで、自分なりに現時点におけるその銘柄への向き合い方を再確認していこうと考えています。

分析切り口は、株価指数、財務、経営戦略、投資ストーリーの点検などを考えています。自分でもどのようにすればいいのか手探り状態となってしまうので、アレですが、備忘録的な観点になる予定です。

その栄えある?第一回は、最も悩ましいIBMです。

2017年6月22日木曜日

太陽光発電投資の収支計算と想定リターン




昨日は時間がなかったので、省略したものの、ざっとこんな感じ。

2017年6月21日水曜日

太陽光発電投資の検討



いまさら何を。と思う人も多いでしょう。

私もそんな感じでした。ただし、太陽光や風力発電そのものは欧米では盛んであり、持ち株でもあるEnbridge Inc.も積極的に投資していく方針を改めて表明しています。

太陽光も風力もリターンはまあまあいいし(あちらでROIベース12%~14%)、気になっていました。石油・ガスパイプラインと同じで安定CFビジネスではないかと。パイプラインとROIは同じぐらいだと思います。

そこで、前回も少し書きましたが、REITのインフラ投資法人に少し投資してみたわけですが、たまたま昨年は例年よりも多めの所得税を払った(源泉徴収された)ので、取り返す方法がないのか模索していました。

森友とか加計とかのミンスのアホな話を聞いていると、「こんな奴らに飯を食わせるために税金を払っていたのか」と改めてムカついてきたからです。

結果的に、今、太陽光発電投資を行っても、減税措置はない(3月末で設備の割増償却制度が終了と惜しい)ということが分かり、がっかりしましたが、少し調べると、投資リターンの安定性がいいのではないか、という結論に至りました。

2017年6月20日火曜日

日本企業のM&Aはうまくいかないのか? 意外なあの企業はM&A上手です。経営者次第でしょう



東芝のウエスティングハウス、日本郵政のオーストラリア物流会社など海外M&Aで大きく減損を計上することがクローズアップされ、どういうわけか「M&Aの大半はダメ」的な論調が流れているような感じだ。



一流評論家の山崎氏はおそらくM&Aについてそれほど知見がないと思います(注:かつて、山崎氏の転職関連の本は擦り切れるほど読んで、普段は大変尊敬しています)。

2017年6月19日月曜日

ふるさと納税 焼津市の努力には頭が下がります

最初はモノが目的でふるさと納税をやっていましたが、今回、焼津市の努力に共感して、ふるさと納税を実施しました。

2016年、ふるさと納税を行った自治体の一つに静岡県の焼津市がありました。
昨年の目的は、日清食品の「どん兵衛」を妻や子供のためにもらった。



2017年6月17日土曜日

「ダイエットとは生き方を変えるということ」 まさにその通りです。

カリスマブロガーのかん吉さんのブログ記事に共感したので私も一つ。


カナダのEnbridge Inc.(ENB)を買い増し 連続増配と為替と円ベースの配当などなど



株価下落により、ポートフォリオでは中下位に位置してしまったカナダ カルガリーに本社を置くエンブリッジ(Enbridge Inc. ENB)を買い増ししました。

株価   $38.5
配当利回り 4.66%

同社は北米に隈なく石油製品と天然ガスのパイプラインの設置と運営を行う会社です。最近では、太陽光発電、風力発電など再生可能エネルギーへの投資も積極化しています。

アメリカのSpectraという天然ガスのパイプラインの会社を吸収合併して、Kinder Morganを抜いて、北米No1のパイプライン企業になりました。
ENBのパイプライン網
同社に投資して、4年程度が経過していますので、まあ何となく買い増しに安心感があります。

2017年6月15日木曜日

ユニー・ファミリーマートHD(8028)とドンキホーテHD(7532)の業務提携に関する妄想



両社は13日に業務提携の発表をしました。
これに関し、完全な個人的な妄想を。。。

2017年6月14日水曜日

退任の発表があった、ゼネラル・エレクトリック(GE)のイメルトCEOはイマイチだったのか? 株価がすべてではないはずだ



ダウ平均構成銘柄であり、ダウ平均が誕生以来、唯一30社の中の生き残り企業でもあるGeneral Electric (GE)社のCEOであった、ジェフリーイメルト氏が16年のCEO生活に別れを告げることになった。

2017年6月13日火曜日

預金残高が1000兆円を突破、投資にお金が向かわないワケ



日本経済新聞(電子版)のこちらの記事から
預金残高ついに1000兆円 回らぬ経済象徴 2017/6/10

この記事の預金残高はゆうちょ銀を含まない、と言っているので、同行の預金残高約175兆円が含まれていないことに留意する必要性がある。

記事は、たとえわずかでも預金ではなく投資に向かえば、経済が良くなるのに、という論調で締めくくられている。

2017年6月11日日曜日

さらばダウ・ケミカル/Dow Chemical(DOW)。9年間ありがとう。




主力銘柄の1角であったDOWを全株売却しました。デュポンとの合併、合併の後、各事業ごとの分社など、ダイナミックなアメリカの経営を体現できる銘柄としてホールドを予定していたのですが、
  1. 結構高値で張り付いている
  2. なんだかんだ言って、シクリカル銘柄であり、長期保有には向かない銘柄である
  3. キャッシュポジションが欲しい
と言った理由で売却しました。$64でした。
かなり、思い入れのある銘柄でしたが、いつまでもノスタルジックに浸っているわけにもいかないし。
ご参考

ポートフォリオ概況 第4位 Dow Chemical (DOW) 2012/10/14

2017年6月10日土曜日

結局、不動産投資を始める

色々考えて、結局することになりました。資産運用の目的が、将来の安定的なインカム狙いである点で、その手段として株式の配当金、中でも米国株というものを中心に据えていました。

ただ、どうしてもインカム狙いの王道であった不動産は捨てきれず、色々検討していました。
  WSJに掲載されたJ・ボン・ジョヴィのNYアパート 
なんと約18億円でFor Sale!!!  手狭になったんだってさ!!

2017年6月8日木曜日

Walgreen株を70年間ホールドして、$1,000を$2,100,000にして、最後に株を寄付した男の話



Dividend Growth Investorさんのブログで読んで、Chicago Tribuneの記事を読んで、ちょっと(株式投資家的に)感動した。

シカゴに住むRuss Gremelさん98歳が、70年間ホールドし続けたWalgreen株を地元の野鳥保護などを行う団体に寄付したという話。

2017年6月7日水曜日

気になるYield Carve(長短金利差)のFlat化



「アメリカの長期金利が上がらない」と以前から言っています。これは、サブプライムバブルの2003年~2004年ごろにも言われていました。

当時は、なんと日本と中国がアメリカ国債を買っていた、特に日本は「為替介入」のための円売りドル買い資金で米国債を買っていたのも一因だった、とも言われており、サブプライムがはじけた後、結構問題になったりしました。

今回、住宅も全然過熱化していないので、さすがにこんな短期間で二の舞はないと思いますけど。

2017年6月6日火曜日

5月末のTOPIX、S&P500のバリュエーション TOPIXのPERが15倍台まで下落



定点観測です。TOPIX、S&P500および業種別のPER、PBR、配当利回りです。

2017年6月5日月曜日

健康格差、所得格差

(過去記事の再投稿になります)

少し前の話ですが
厚生労働省より、「平成26年 国民健康・栄養調査」が発表されたようです。
以下の記事によると
厚労省では「所得の低い人は時間的にも精神的にも余裕がなく、手間のかかる
食材を避け、簡便な食事している人が多い可能性がある」と推測する。


2017年6月3日土曜日

5月の配当状況



為替に落ち着きがみられるので、やっと実力ベースの伸びがみられそうです。最も、まだまだ円安だと思っていますけど。

2017年6月2日金曜日

5月の投資状況



6月1日時点です。

2017年6月1日木曜日

相場雑感 2017年6月1日



早いもので、2017年も半分が過ぎようとしている。
政治面では、トランプがどうだ、とか、フランスの選挙、とか、シリアだ北朝鮮だとか、学校建設にかかわる「安倍下し」の声が出てくるなど不安定なニュースが続くものの、経済指標的には堅調に推移しているようだ。

エコノミストも、当面(と言っても半年から1年程度先ぐらいだろう)はマクロ経済も堅調な見通しの様だ。

2017年5月30日火曜日

ジェネリック薬品国内トップメーカー、沢井製薬への現時点での投資

ご質問をいただいています。

Unknownさん
こちらの株まだ持っていなくて欲しいのですが、今ならいくらで買うのが望ましいと思われますか??(2017/5/27現在6190円です。)

なんともお答えしにくい質問です。

2017年5月28日日曜日

長男の保護者懇親会



ジョギング中に一枚。向こうに見えるのは幕張新都心 真ん中のスリムで高いのがAPAホテル(旧幕張プリンスホテル)です
昨日は長男の保護者会のようなものがあった。

簡単に言うと、担任の先生と長男の学校での様子と家庭での様子を保護者と情報交換をすることと、現在の学級の様子及び今後のスケジュールなどの通知といった感じでした。

この手の会は母親の仕事、と思っていたが、土曜日に開催することと、妻がついてこい、というので行くことにした。

2017年5月27日土曜日

A型のダンナとB型の妻の関係



我が家のことです。
私の血液型がA型であることは容易に想像つくでしょう。
ブログ歴10年超、コツコツ配当型投資スタイル、慎重派で先を計算して行動など。

妻の方は、楽観的、その場限り、大雑把。

よく結婚したものだ(爆笑)。

2017年5月26日金曜日

NTTの長期業績推移 配当の源泉力を考える 私見です 3 今後どうなるのか?



(ご参照)
その1
その2

一応、2018年3期にEPS400円というのが当面の経営目標になっているようです。

NTTの課題は海外事業の収益性改善でしょうか? ディメンションデータの損益がイマイチな点と、デルのデータルーム事業の早期収益貢献化が一つ目の課題と考えられています。

国内の方は、スマホ合戦がひとまず終わり、ドコモの収益も改善してきて、格安スマホが台頭しています。

2017年5月25日木曜日

NTTの長期業績推移 株主還元/配当の源泉力を考える 私見です 2 何が原資となっているのか?



ご参考
その1

政府から自社株を買うための原資のねん出、ということですが、NTTのアニュアルレポート(2016.3期決算なので、1期古いですが傾向は同じだと思います)を見てみましょう。

2007.3期から2016.3期の営業収益(売上高)と営業利益及び当期利益です。
07.3期の売上高は10.7兆円、16.3期は11.5兆円でした(17.3期は11.4兆円)。ほとんど成長していません。

営業利益は07.3期1.2兆円、16.3期1.3兆円(17.3期1.5兆円)。17.3期で少しブレイクスルーしたかもしれません。

2017年5月24日水曜日

NTTの長期業績推移 株主還元/配当の源泉力を考える 私見です 1



  1. なぜNTTは急に配当還元、株主還元に力を入れだしたか?
  2. 何が株主還元の原資となっているのか?
  3. 今後、どうなるのか?
をざっくり考えていきます。3回シリーズです。第1回。

2017年5月23日火曜日

ソフトバンクグループ ヴィジョン・ファンドについて雑感



ソフトバンクグループ(9984)が同社の投資専用ビークルとなる「ヴィイジョン・ファンド」(VF)を立ち上げた。

孫さんが、投資をもっとやりたいけど、通信事業の株主他ステークホルダーとごちゃまぜになると困るから、別に投資会社を立ち上げた、と言うことだろう。

2017年5月21日日曜日

2017年5月20日土曜日

NISA枠を使って、いちごグリーンインフラ投資法人(9282)に投資

いちごグリーンインフラ投資法人に新規投資しました。NISA枠を使って。打診程度です。

表面的な利回りはいちごが約6.5%。購入単価91,000円、分配金予想額6,000円ちょっと(ざっくりです)。

2017年5月18日木曜日

配当利回りが高いけど、配当成長率が低い銘柄への投資

AT&TのDRIPで、「配当利回りが高くとも、配当金の成長率が低い銘柄」への投資について考えてみました。

配当金の成長率が高い方がいいのか、配当利回りが高い方がいいのか、理論的に考えても大きく意味が違わないかもしれません。

2017年5月16日火曜日

配当利回りと配当の成長率の関係

配当金の積み上げを投資の目標に置く人が増えている(ように勝手に思っている)。
一株当たり配当金(DPS:Dividend Per Share)の成長率が高いと、ポートフォリオ全体の受取配当金の成長が早くなるように思えます。

例えば、AT&T(T)のように、配当利回りが5%以上あってもDPSの成長率が2%程度の場合、保有していてもDPSの増加が遅いため退屈で少しイライラするかもしれません。

一方、MaserCard(MA)やVISA(V)のように、DPSの成長率が10%を超えるような銘柄を保有すると、かなり得をしたような気がします。

したがって、DPSの成長率が高い銘柄を買いたくなる誘因にかられるかもしれません。

しかし、もし投資の目的が受取配当金の最大化であるならば、少し考えなおしたほうがいいかもしれません。

2017年5月14日日曜日

もうすぐ50歳

誕生日は8月です。40代もあとわずか。
アラフィフというと中途半端なのですが、「50歳」というと、ずっしり響きます。
30歳の時も、40歳の時も響きましたが、、、。

精神年齢的には、たぶん30代ぐらいの感覚なのですが、白髪が増えたり、髪の毛が薄くなり始めたり(幸い、体型は日ごろの節制があるので自信がある。顔つきは親譲りの童顔なので実年齢より年下に見えるようです。それでもさすがに40代前半代)、オッサン真っ盛りという感じです。

2017年5月13日土曜日

増配ラッシュです

爪の垢でも煎じて飲みます

「増配」といえば、Dividend Aristocrats等米国企業のオハコですが、5月は3月決算の日本企業の決算発表がピークで、6月の定時株主総会の議案として増配を取締役会で決議するケースが多いです。

私の持ち株は米国株の方が多いのですが、米国でも4月ごろに増配を決議するケースが多いです(しかしながら、最近は12月決算の米企業が翌年1月にサッサと増配発表するケースも増えている)。

ともに株主総会前に、株主に「いい顔」したいのでしょうね。ぜひ、「いい顔」して下さい!!

2017年5月11日木曜日

なぜアメリカでETF等の手数料、信託報酬率の引き下げ合戦が発生するのか?

私は現在、投信やETFへの投資は行っていません(将来はわかりません)。しかし、特にETFの信託報酬率が年々引き下げられていることは知っています。

世界最大の資産運用会社であるBlack Rock(BLK)の株を保有しているからです。

2017年5月10日水曜日

ありがとうサービス(3177)を売却

昨日は、業績が伸び悩んでいる米国株を売却せずにホールドしているやや優柔不断な内容だったのですが、日本株となると、一気に売ってしまいます(笑)。
なぜだろう?

2017年5月9日火曜日

長期投資と業績不振米国株銘柄への雑感

バフェットがIBM株を少し売却して、IBMに対する見方をついに「下方修正」してしまい、株式市場に衝撃が走りました。
日経新聞さんから拝借
私も同じ時期からIBM株を保有し、ここ1・2年は同社株に対し、あまりいい感想を書いていなかったと思います。したがって、バフェットが痺れを切らした?心理は理解できます(彼は、S&P500のパフォーマンスと比較されるからなおさらだろう)。

2017年5月8日月曜日

TOPIX S&P500 4月末のバリュエーション 学生に人気の銀行は投資家に超不人気

恒例の定点観測です。

元々、日本株のPER、PBR、配当利回りを業種別に把握しよう、ということで始めました。
S&P500のほうが、大事だと思い、S&P500についても同じように記録しています。

2017年5月6日土曜日

日本株投資とアメリカ株投資のバランス感

4月末現在の資産残高を見る限り、日本株28%、アメリカ株72%となっている。

この比率を過去はそれなりに気にしていたが、今はそれほど気にしないようにしている。

何度も書きますが、投資の目的は、インカムゲインの極大化で、その手段としての株式投資で、その効率性の良さからアメリカ株の方が有利だ、というのがアメリカ株投資の第一目的です(アメリカ株の方がグローバルで、世界経済を垣間見ることができるというのもあるが)。

2017年5月5日金曜日

片岡鶴太郎著「50代から本気で遊べば人生は楽しくなる」を読んで

鶴ちゃん」こと片岡鶴太郎氏の本です。
彼は現在、俳優、画家などマルチタレントとして活躍していますが、私の鶴太郎氏に対する印象はこれまでずっと、モノマネ芸人の「鶴ちゃん」が中心でした。

2017年5月4日木曜日

米国株投資から学ぶ 個人投資家にとって必要な4つのキーワードとは

  1. Simple
  2. Focus
  3. Agile
  4. Sustainable

上から、シンプルに、絞って、俊敏に、持続的に。
こういった意味です。

個人的にはこう考えます。

2017年5月3日水曜日

子供の成長

子供=経済的負担、と考えがちな「投資脳」の私なのですが、とは言っても、実際目の前に存在する子供はかわいいものです。

もちろん、赤ちゃん、幼児、小学生、中学生、高校生と「成長」するにつれ、親は精神的支援から金銭的支援に役割が変化するので、乳幼児時代から、かわいさは1/3程度(2/3は生意気)、金銭はかつての何倍の負担、というのがざっくりとした印象です。

2017年5月1日月曜日

コネクシオ(9422)、増配 56円→65円

携帯販売代理店である、コネクシオ(9422)が増配しました。
5期連続です。9円の増配のうち5円が記念配当とかいうセコイものですが、、、。

(ご参考)
コネクシオに参戦 2016/1/27

2017年4月29日土曜日

4月の投資状況

恒例の月次です。

まあ、何とかプラスを保っている状況です。それにしてもアメリカの金利は上がりませんねえ。なんでだろう?

2017年4月28日金曜日

株式ブログ真っ盛り

知らないうちに、株式投資に関してブログを書く人が相当増えたような気がします。
特に米国株を中心に投資している人が増えました(というか、元々それなりにいたのだが、私がそれに気づきだしただけなのかもしれない)。

2017年4月27日木曜日

東芝とソニー。従業員の立場から、自分ならどうするか?

このブログは投資のブログなのですが、「サラリーマン投資家」という資本家と労働者という本来利益相反する私が書いているので、時折労働者側になったりします。今回は労働者の立場から。

ここ数か月で、従業員や元従業員の方とお話しする機会がありました。いろいろお伺いして、両社の違いが良くわかりました。

2017年4月26日水曜日

50代のサラリーマンはiDeCo(個人型確定拠出年金)に何を期待するべきか?

個人型確定拠出年金(iDeCo)に関する件は聞いたことがあるかと思います。

60歳まで引き出しができない積立形式の投資で、60歳以降に解約する場合に売却益などの課税がされず、かつ、積立金額の一部が所得に応じて税控除が受けられる、というものです。

ネットで見かけるニュースは、どういった投信やファンドがいいのか、という論調が多いです。

2017年4月25日火曜日

日本人が疎い 利益相反行為 という問題

利益相反行為 (りえきそうはんこうい)とは、ある行為により、一方の利益になると同時に、他方への不利益になる行為である(Wikipedia)。

この利益相反とはあらゆるところに潜んでいるにもかかわらず、多くの人はそれに気づかないか、気にしていないように思う。

例えば、消費税増税に関して「専門家」に意見を聞いてみた、というTV報道は誰でも一度は目にしているだろう。

2017年4月23日日曜日

個人投資家の投資方針は柔軟でよい

いつものジョギングコースです。すっかり春です。建設中のホテル。新浦安はホテルの建設ラッシュ
自分は他人からお金を預かって運用するプロではありません。
プロなら、それなりに運用方針に大義名分が必要となります。なぜなら、預ける方(年金基金とか)がそれを求めるからです。

預ける方も、どの運用会社になぜ預けるのか、をエクスキューズしないといけませんし(年金基金と言っても、基金の先には個々の年金の預託者がいるわけですし、何かの時に「ちゃんとやってます」って言わなきゃいけないでしょ)、預かる方も、他の運用会社と差別化のために、「こうやります」と言わなければなりません。

企業の経営者も、業界が同じでも「ウチは他社と違ってこうなんです」って言っているのと同じです。企業も投資家からお金を集めていますから。

(でも結局は、良いパフォーマンスを上げたものが勝ちですけど)

2017年4月22日土曜日

骨の年齢と明治ホールディングス2269

近くのイオンで買い物していたら、明治HD傘下の明治の子会社で、ヨーグルトなどの宅配をやる明治クッカーの骨密度測定会をやっていた。ちょっとやってみた。

2017年4月20日木曜日

ローンの返済と資産運用

所有と賃貸か、と同じくらいの悩ましさを持つ(知名度は所有と賃貸の方が圧倒的だが)この問題。個人的な雑感を。

この問題は、資産運用に振り向けるカネがあるのなら、ローンを返済することの方がはるかにリターンが確実だ、ということのようだ。

山崎元氏 お金をふやす本当の常識シンプルで正しい30のルール

2017年4月19日水曜日

働き方改革と残業代と業績への「残業代リスク」? ヤマトHDの業績下方修正

電通の過労死事件がきっかけとなって、残業に関する風当たりが強くなっている。
ヤマト運輸もAMZONの当日配送から撤退とか、午後の時間指定枠をなくす、とか基本料金の値上げとかがあった。
ついにこんな記事があった。

ヤマトHD、未払い残業代190億円 速やかに支払いへ(朝日新聞デジタル版)

未払いの残業代が発生し、17年3月期の業績を下方修正するそうだ。

2017年4月18日火曜日

「人生の悩みが消える自問力」堀江信宏著 ダイヤモンド社 を読んで


5つの質問」と「自問自答」ですべてが好転する。あなたが上手くいかないのは、ニセの願望にとらわれているからだ。
という副題付き。

本屋さんで何気に手を取ってみて、ググッと引き寄せられて、購入・一気読み。