2015年11月17日火曜日

「グーグル検索だけでお金持ちになる方法」午堂登紀雄著 を読んで

丸の内の丸善での圧倒的な陳列を見て立ち読みして、買った本。
前から少し気になっていた本ではあったが、見過ごしていたという感じでした。

午堂氏は以前から比較的有名な方のようでしたが、私はこの人の本を読むのは初めてで、先入観とかはありませんでした。

スポンサーリンク



言われて見れば、その通りなのですが、この辺の金持ちノウハウ系の著者が言っていることになんとなく共通点があったことを潜在的には気づいていたのですが、午堂氏はずばりそれを言い当てている。

やり方を調べて、それを基に自分自身に置き換えて考え、そして行動する、最後の行動するのか、しないのか、が目的を達成できるか否かの分かれ目である。

これが核心部分であろう。その最も身近で簡単な手段がグーグル検索だ、そんな感じです。

そのためには、自分の目的意識をしっかり持ったうえで情報に接して、その情報からどのように気づき、徹底して掘り下げることが大事なようです。彼の場合は、「すべての行動を収益化する」ことが行動の指針になっているようです。

もっともそのような抽象的なことばかり言っても、読者のためにならない(と思われる)ので、具体的に、かつ、比較的「手軽な」(と午堂氏が思っている)お得なノウハウの紹介を具体的に書いています。
  • クレジットカードを徹底的に活用する
  • 政府の政策、地方公共団体の政策など補助金的な動きがあれば、それに乗ってみる(例:太陽光パネルの設置による売電収入など)
  • 株主優待戦略やバラマキ政策に敢えて乗ってみる
  • タダで自宅を建てる
  • 確定拠出年金を利用する
  • 高利回りの毎月分配金ファンドをNISAで買う
  • 実質ゼロ円の教育ノウハウ

こういったことについての具体的な内容や効果について記載されています。
自分自身でも、いままでなんとなく見過ごしていたこともあり、その内容が分かったので、早速取り組んでみようと思うものも含まれていました。

『「タダで自宅を建てる」方法なんて知っているよ~』、と思っている人は読んでもあまり意味がないかもしれません。知っていても、自分と午堂氏では何が違ったのだ、といったことに関心がある人は読んでみる価値が十分あると思います。


午堂氏の他の著書も読んでみてもいいかな、という気になりました。自分では、「気になった本はできるだけ買おう」、と思っていたのでしたが、この本を読んで、まだまだダメだな、と自省しております。



スポンサーリンク








1 件のコメント: